[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NZ、圧巻ワンサイドで3連覇へ前進 指揮官はFW陣を絶賛「いい仕事をしてくれた」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は19日、準々決勝を迎え、東京スタジアムでは世界ランク1位ニュージーランドが同4位アイルランドを46-14で撃破。4強入りを決め、史上初の3連覇へ前進した。26日の準決勝(横浜国際総合競技場)ではイングランドと対戦する。

ニュージーランドのスティーブ・ハンセンHC【写真:荒川祐史】
ニュージーランドのスティーブ・ハンセンHC【写真:荒川祐史】

3連覇へあと2勝、ハンセンHCが試合後に勝因を分析

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は19日、準々決勝を迎え、東京スタジアムでは世界ランク1位ニュージーランドが同4位アイルランドを46-14で撃破。4強入りを決め、史上初の3連覇へ前進した。26日の準決勝(横浜国際総合競技場)ではイングランドと対戦する。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 V候補同士の激突。しかし終わってみれば、ニュージーランドの強さだけが際立った。前半6分、SOリッチー・モウンガのPGを口火に、次々とトライを重ねた。14分、20分とSHアーロン・スミスがトライを奪うと、32分にはターンオーバーからWTBセブ・リースがドリブルのように蹴り出して一気にスピードに乗ると、最後はFBボーデン・バレットがトライ。前半だけで22-0と大きな差をつけた。

 後半も初の4強入りを狙ったアイルランドに2トライこそ許したものの、計7トライを奪う完勝。3連覇と4度目の世界一を狙うオールブラックスがその破壊力をまざまざと見せつけた。

 試合後の会見でスティーブ・ハンセン・ヘッドコーチは勝因についてFW陣の頑張りを称えた。「1-5(PR、HO、LO)が土台。6-8(FLとNO8)はその土台を作ったところを実際の機動力に変える。今は15人でそれをやらなければいけない。前に行けないとチャンスはできない。そういった小さい番号の選手がいい仕事をしてくれた」と独特の表現で1番から8番までのFW陣に称賛を送っていた。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集