[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「奇跡」の4年前とは「全く違うチーム」 ジョセフHCが南アフリカ戦前に見せた誇り

「4年前とは全く違うチーム」とジョセフHC、自分たちのスタイルで勝利へ

「南アフリカが何をしてくるのかは明らかだ。それは選手セレクションを見れば分かる。控えにFWを6人入れるのは珍しいことではないが、フィジカルでダイレクトなアプローチで来るだろう。相手にボールを渡してFWのディフェンスで相手を潰して勝機を見いだしてくる。我々はそれに対してしっかり準備をしてきた」

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 そして「手の内は隠さない」という南アフリカHCとは対照的に、「今、明らかになっていないのは、我々が何をするかという作戦。それは日曜日のお楽しみだ」と具体策を明かすことはなかった。

 日本にとって南アフリカといえば、2015年の前回大会で大金星を挙げた相手。今大会ではイングランド代表を率いるエディー・ジョーンズHCが日本を大番狂わせへと導いた「ブライトンの奇跡」が、再び大きな脚光を浴びている。だが、記者会見で4年前の南アフリカ戦について話が及ぶと、ジョセフHCは物腰の柔らかい口調ながらもピシャリと言い返した。

「この4年間でその話が何度も出てきたので、自分としては忘れたかった話。その時とはまったく違うチーム。何人か同じ選手はいるが、違うメンバーが新たなチームを作った。2015年の偉業は本当に素晴らしいものだと思うが、(準々決勝を前に)我々はそこについて話はしていません」

 4年前、確かにエディージャパンは日本ラグビー界に燦然と輝く偉業を果たした。過去がなければ、今はない。だが、2019年、史上初のベスト8入りを果たしたジェイミージャパンは、全く新たな形で日本ラグビー界の歴史を塗り替えた。ジョセフHCが率い、選手が主体性を持って成長した日本代表。20日の準々決勝では自分たちの築いたスタイルで、南アフリカから2勝目を飾りたい。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集