[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • シャラポワに逆風 涙の復活劇呼んだ“ブレイク”に批判の声「ダーティな作戦」

シャラポワに逆風 涙の復活劇呼んだ“ブレイク”に批判の声「ダーティな作戦」

女子テニスの元世界ランキング1位のマリア・シャラポワ(ロシア)は、全米オープン1回戦で優勝候補の一角であるシモナ・ハレプ(ルーマニア)を6-4、4-6、6-3とフルセットの末に下した。禁止薬物使用で1年間3か月の出場停止処分を受けていた「妖精」は、グランドスラム復帰戦で“涙の勝利”を飾ったが、一方で試合中のスポーツマンシップ欠如を指摘する声が浮上している。

全米OP1回戦、第3セット突入前に「バスルーム・ブレイク」を申請

 女子テニスの元世界ランキング1位のマリア・シャラポワ(ロシア)は、全米オープン1回戦で優勝候補の一角であるシモナ・ハレプ(ルーマニア)を6-4、4-6、6-3とフルセットの末に下した。禁止薬物使用で1年間3か月の出場停止処分を受けていた「妖精」は、グランドスラム復帰戦で“涙の勝利”を飾ったが、一方で試合中のスポーツマンシップ欠如を指摘する声が浮上している。

「マリア・シャラポワがグランドスラム復帰戦でスポーツマンシップの面で批判される」と特集したのは、オーストラリアの総合ニュースサイト「ニュース・ドットコム.au」だった。

 フルセットの死闘を制したシャラポワだが、第2セットを4-6で失った後に「バスルーム・ブレイク(トイレ休憩)」を取った。しかし、同サイトは「ハレプの勢いを削ぐための欺瞞の行動」と厳しい表現を用いて報じている。

 記事によれば、シャラポワが6分間コートを去る中、コートで一人待機していなければならなかったハレプはサービスの練習を行っていたという。試合中のバスルーム・ブレイクは選手の権利として認められているが、ハレプが逆転の機運を高めた局面での中断となっただけに、SNS上でも批判の声が高まっているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー