[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“自作自演”の7秒間― 左翼手&遊撃手の「速すぎた連携プレー」に走者ガックリ

米大リーグで左翼手の“自演”と遊撃手の“強肩”が合わさり、圧巻の中継プレーが発生。最後は本塁でアウトにする見事すぎる連携を披露した。敵地が騒然となった様子をMLBが公式ツイッターで動画付きで紹介し、反響を呼んでいる。

敵地騒然、カブス左翼手のクッション処理ミスを遊撃手が圧巻レーザーでフォロー

 米大リーグで左翼手の“自演”と遊撃手の“強肩”が合わさり、圧巻の中継プレーが発生。最後は本塁でアウトにする見事すぎる連携を披露した。敵地が騒然となった様子をMLBが公式ツイッターで動画付きで紹介し、反響を呼んでいる。

 あきらめムードが2人の連携で一変した。カブスが24日(日本時間25日)で迎えた敵地レッズ戦。2-1とリードして迎えた6回無死一塁の守備。左打者ボットが逆方向に大飛球を打ち返した。これを処理したのが、左翼手シュワーバーだ。背走しながら左手のグラブを上げ、思い切って捕球を試みたが、届かなかった。

 シュワーバーは勢い余ってフェンスにぶつかり、一方、ワンバウンドしたボールはフェンスに跳ね返ってセンター方向へ3~4メートルを転々。本塁生還か――。そう思わせた次の瞬間、ここから見事な連携を見せる。

 処理に時間がかかってしまったのを見て、レッズの一塁走者コザートは一気に三塁を蹴ってホームを狙おうとしていた。ただ、シュワーバーは猛ダッシュでボールに駆け寄り、遊撃手バエスへ送球。すると、強肩で鳴らした名ショートはまるで投手かのような綺麗なフォームで本塁へぶん投げた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集