[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「6-5-2-5-6-3-2」の大捕り物 「25秒間の逃走劇」が米話題「地獄絵図じゃないか」

米大リーグで内野の3つを走路を舞台にして、挟殺プレーで“追いかけっこ”状態の珍事が発生。「25秒間の逃走劇」をMLBの動画紹介コーナー「Cut4」が動画付きで紹介すると、ファンから「俺は一体、何を見ているんだ?」「地獄絵図じゃないか」と反響を呼んでいる。

三本間、一二塁間、二三塁間で挟殺プレーの珍事…米ファン「俺は一体、何を見てる?」

 米大リーグで内野の3つを走路を舞台にして、挟殺プレーで“追いかけっこ”状態の珍事が発生。「25秒間の逃走劇」をMLBの動画紹介コーナー「Cut4」が動画付きで紹介すると、ファンから「俺は一体、何を見ているんだ?」「地獄絵図じゃないか」と反響を呼んでいる。

いったい、いつ、どこでアウトが取れるのか。そう思いたくなるような珍プレーが飛び出したのは22日(日本時間23日)のマリナーズ―ブレーブス戦だった。

 ブレーブスが2-0とリードして迎えた6回2死一、二塁。ブレーブスのインシアルテは左腕パソズから投手の足元を抜ける二遊間への痛烈なゴロを放った。これをマリナーズのセグラが横っ跳びで好捕。ここから“逃走劇”が始まった。

 ブレーブスの二塁走者アルビースは三塁に到達も、打球がセンターに抜けると判断したのか、オーバーランしていた。これを遊撃手セグラが見逃さず、三塁へ送球。意を決した走者アルビースは逆を突いて本塁へ突っ込んだ。しかし、すぐさま三塁手が捕手へ転送。三本間で挟まれ、挟殺プレーとなった。

 捕手ズニーノはお手本通りに三塁方向へチャージ。追い込んだところで三塁手シーガーに送球した。だが、これをシーガーが捕球し損ねて後逸。遊撃手セグラがカバーし、本塁へ送球したが、カバーに入った一塁手アロンソの足元をすり抜け、アルビースが頭から滑り込んだ。これで1点を追加し、一、二塁からブレーブスの攻撃へ……と思いきや、まだ終わっていなかった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集