[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

3位大迫傑、今後どうする? 代表3枠目を「狙う」か「待つ」か、悩ませる選択に

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、30人が出場した男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で1位となり、2時間11分36秒で2位の服部勇馬(トヨタ自動車)とともに東京五輪に内定。日本記録保持者の大迫傑(NIKE)は終盤で競り負け、2時間11分41秒で3位に終わった。残り1枠は今後3つの対象大会で争われる。

3位で東京五輪内定を逃した大迫傑【写真:荒川祐史】
3位で東京五輪内定を逃した大迫傑【写真:荒川祐史】

残り1枠、他選手は3つの対象大会で大迫超えの日本新記録が絶対条件

 マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、30人が出場した男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で1位となり、2時間11分36秒で2位の服部勇馬(トヨタ自動車)とともに東京五輪に内定。日本記録保持者の大迫傑(NIKE)は終盤で競り負け、2時間11分41秒で3位に終わった。残り1枠は今後3つの対象大会で争われる。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 優勝候補の一人だった大迫は、大粒の汗を拭った。強さを求める男に充実感はない。まさかの3位。トップのゴール時に28.8度を記録した暑さの中で懸命に戦ったが、終盤で力尽きた。

「2番以内を狙っていたので非常に残念ですけど、最低の最低限というか、なんとかつながったのかなと。(東京五輪とほぼ同じコースで)雰囲気というか、沿道の方の応援も大きかったですし、その中では(途中棄権した)東京マラソンからしっかり落ち着いて走れたかなと。前の2人が強かった。そこを認めて、しっかりと今後力をつけていきたい」

 17年からマラソンに参戦し、初マラソンのボストンマラソンで3位。18年10月のシカゴマラソンでは2時間5分50秒の日本記録を打ち立てた。しかし、3月の東京マラソンでは30キロ手前で棄権。そこから這い上がってきたが、今大会での五輪内定は得られなかった。

 設楽悠太が13日の会見で宣言した通り、大逃げのレースを展開。一時は2位に2分以上もの差をつける独走だった。ライバルに対し、大迫は「(設楽が)出るかもしれないと思っていたけど、暑さとかついていくリスクとかあるので、後ろで構えて、リスクマネジメントじゃないですけど、追いつけるという可能性を残していった」と冷静に足を回す。37キロ過ぎ、中村、服部とともに設楽を逆転した。

 しかし、自身も右脇腹に手をやるなど苦しい表情を見せた。以降は上り坂。中村がスパートをかけると、ついていけない。残り1キロを切って、服部にも抜き去られた。

「最後に出ようかなと思っていたけど、最後2キロくらいで足がつって。最後の坂というか、どこのレースでも同じなんですけど、足をしっかり残しておかないといけないと凄く感じた。ラスト1000メートルくらいから仕掛けられたらいいなと思っていたんですけど、足が残っていなかった。最後1キロで差が出た。

 トレーニングに関してはしっかりできていたので自信はあった。やはりマラソンというのは前半の気持ちの余裕とか、最後の難しさを感じたし、それをこれから生かしていけたら。(初開催のMGCは)他のレースを変わらないですし、非常にレベルの高い国だなと感じましたし、しっかり練習をしていかないといけないと感じた」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集