[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中村匠吾の優勝は「たまたま」と辛口も… 瀬古利彦氏はスパート絶賛「3段ロケット」

設楽の大逃げも分析「10度前後ならあのまま逃げ切っていたのではないか」

 今大会は、大迫、服部のほかに設楽悠太、井上大仁の4強が優勝候補だった。それを撃破した中村に「4強がいて、大迫は優勝候補でプレッシャーになって疲れがあったでしょう。服部君も。中村君は蚊帳の外だったから、その点はリラックスできて思うようなレースができたのかなと。言ってみればプレッシャーがなかったからかな」と説明。「でも。今度はそういうわけにはいかない。五輪はマークされますから。心も鍛えて欲しい。これからは注目される。今回はたまたま勝った」と話した。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 設楽は宣言通り、スタートから勇気を持って大逃げ。超ハイペースで挑んだが、後半は失速して14位に終わった。瀬古氏は「設楽君、相当調子がよかったんでしょうね。レベルの高い練習をしてきたそうです。練習でやったことがそのまま体に出る。ゆっくり行けと言ってもできないと思う。彼が想定するより気温が上がって、失速した。10度前後ならあのまま逃げ切っていたのではないか」と分析し、今後に期待した。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集