[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロ転向の神野大地は17位完敗 果敢レースに言い訳せず「心残りは特にない」

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、30人が出場した男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で1位となり、2位の服部勇馬(トヨタ自動車)とともに内定。プロ転向し、東京五輪を目指してきた「山の神」神野大地(セルソース)は2時間17分40秒で17位に終わった。

17位の完敗に終わった神野大地【写真:荒川祐史】
17位の完敗に終わった神野大地【写真:荒川祐史】

「山の神」が背水のプロ転向も…厳しい現実「自分自身の力を受け入れる」

 マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、30人が出場した男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で1位となり、2位の服部勇馬(トヨタ自動車)とともに内定。プロ転向し、東京五輪を目指してきた「山の神」神野大地(セルソース)は2時間17分40秒で17位に終わった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 人生をかけた挑戦は、ほろ苦い結果に終わった。2時間17分40秒で17位。上位2人とは6分以上離され、ゴールにやってきた。「今日までやるべきこと、努力を積み重ねてきた。力を出し切れなかったわけじゃないと思っている。力を出し切った結果だと思う」。現実を受け入れ、言い訳はしなかった。

 レースは設楽悠太(ホンダ)が独走する展開。2位集団につけた神野は12キロ過ぎから集団を飛び出し、揺さぶった。「人数も多かったので、自分自身も本当に余裕があっていけるなと思って行った。少し人数を絞ることもできた」。しかし、手応えとは裏腹に17キロ付近で失速し、2位集団とも離された。

「自分の仕掛けが失敗だったとは思っていない。ああいう挑戦をして、こういう結果だと思う。心残りは特にない。今日やり切った結果です」とさばさばとした表情で振り返った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集