[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本が開始10分で痛感した欧州強豪の「質」 ラマス監督「我々にやりにくい事された」

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)に出場している世界ランク48位の日本は1日、同17位のトルコと初戦(上海・東方体育中心)を行い、67-86で黒星スタートとなった。この日午前の公式練習を発熱で回避した八村塁(ウィザーズ)は先発出場し、徹底マークに遭って15得点と封じられた。試合後に取材に応じた日本のフリオ・ラマス監督は「本当に入り方が悪かった」と振り返った。

フリオ・ラマスHC【写真:Getty Images】
フリオ・ラマスHC【写真:Getty Images】

欧州勢にW杯初勝利ならず、ラマス監督「それだけ今の挑戦が難しい」

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)に出場している世界ランク48位の日本は1日、同17位のトルコと初戦(上海・東方体育中心)を行い、67-86で黒星スタートとなった。この日午前の公式練習を発熱で回避した八村塁(ウィザーズ)は先発出場し、徹底マークに遭って15得点と封じられた。試合後に取材に応じた日本のフリオ・ラマス監督は「本当に入り方が悪かった」と振り返った。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 日本は八村のほか、NBAグリズリーズの渡邊雄太、ファジーカス・ニック、篠山竜青、比江島慎が先発。序盤からパスミスやボールロストなど浮足立つ姿が目立ち、シュートに精彩を欠いた。一方で3ポイントシュートを決められるなど差を広げられ、第1クオーター(Q)終了時点で12-28の大差を付けられた。

 第2Qは4点を追い上げたが、失った流れを簡単には取り戻せず。トルコのNBA選手の一人、SGフルカン・コルクマズ(76ers)のダンクにもどよめきが起きるなど、反撃ムードを打ち消された。21年ぶりに自力出場を決めた日本は、自国開催だった2006年以来5度目の出場。過去のW杯では欧州勢に7戦未勝利で、勝てば06年以来13年ぶり通算6勝目だった。

「欧州チームと戦うことがどれだけ厳しいことかわかっていた。W杯で今まで日本が勝っていない歴史がある。それだけ今の挑戦が難しいということ。相手も大きくリードして、主導権を握られて、リズムを作れなかった。トルコは強豪。今日、勝ったのは強豪だからです」

 選手たちと同様に、指揮官も第1Qの入りを悔やんだ。パス回しだけでなく、体の強さも見せつけられる展開。シュートでいい姿勢を保てず、日本の放ったボールは何度もリングに弾かれた。さらに、試合全体のリバウンド数は26-44と圧倒された。

「本当に入り方が悪かった。相手はディフェンスのフィジカルコンタクトが多く、我々にやりにくいことをされた。それでバッドショットが多くなってしまった。いい調子にならず、リバウンドを取られて走らされることになった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集