[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥も登場 ロマ統一で英国に続く“負の連鎖”を米特集「井上は1回で完全破壊」

ボクシングの3団体統一世界ライト級タイトルマッチは31日(日本時間1日)、WBAスーパー、WBOライト級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)がWBC同級1位ルーク・キャンベル(英国)に3-0判定勝ち、3団体統一王者となった。米メディアは世界戦で黒星が続く英国勢の“負の連鎖”を特集。昨年5月のバンタム級でWBA&IBF世界王者・井上尚弥(大橋)が元王者ジェイミー・マクドネル(英国)を下した112秒KO劇にも脚光を当てており、「1ラウンドで完全破壊した」と衝撃を振り返っている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

キャンベルが判定負け、苦しむ英国勢…米メディア「敗北のトレンド続く」

 ボクシングの3団体統一世界ライト級タイトルマッチは31日(日本時間1日)、WBAスーパー、WBOライト級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)がWBC同級1位ルーク・キャンベル(英国)に3-0判定勝ち、3団体統一王者となった。米メディアは世界戦で黒星が続く英国勢の“負の連鎖”を特集。昨年5月のバンタム級でWBA&IBF世界王者・井上尚弥(大橋)が元王者ジェイミー・マクドネル(英国)を下した112秒KO劇にも脚光を当てており、「1ラウンドで完全破壊した」と衝撃を振り返っている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

「キャンベルの敗北で英国勢の敗北のトレンドが続く」と特集したのは米スポーツ専門局「ESPN」版だった。「トップの英国ボクサーが世界最強相手に近年苦しみ続けている。そして、このファイトも別ではなかった」と報じ、近年の英国勢の苦戦にスポットライトを当てている。

 ロマチェンコは4月にアンソニー・クローラ(英国)との防衛戦でも4回58秒で撃破したばかり。WBOウェルター級世界王者のテレンス・クロフォード(米国)も4月にアミール・カーン(英国)を6回KOで沈めている。昨年12月にはWBA、WBC世界ミドル級王者サウル・アルバレス(メキシコ)がロッキー・フィールディング(英国)を下し、アルバレスは通算5人目の英国人を倒している。

 こうした流れを記した上で、記事には英国ファイターの天敵の1人としてモンスターも登場する。「バンタム級ではESPNのパウンド・フォー・パウンド最新版で4位、日本のナオヤ・イノウエが昨年、1ラウンドでジェイミー・マクドネルを完全破壊してしまった」と衝撃を振り返っている。

 ロマチェンコが圧巻の強さを見せつけ、3団体統一王者となった裏で、井上がかつて演じた「112秒の衝撃」も再び、クローズアップされていた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集