[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュの新球ナックルカーブがスゴイ セーブ王キンブレル直伝“魔球”に米注目

米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手は27日(日本時間28日)、敵地メッツ戦に先発し、8回1失点7奪三振の快投で5勝目(6敗)を挙げた。ファストボールと多彩な変化球で奪三振ショーを展開したダルビッシュ。米名物セレブは、93マイル(約150キロ)のファストボールと、83マイルのナックルカーブ(約134キロ)の軌道を重ね合わせた動画を投稿し、話題を呼んでいる。

5勝目を挙げたカブスのダルビッシュ有【写真:Getty Images】
5勝目を挙げたカブスのダルビッシュ有【写真:Getty Images】

5勝目のダルビッシュ、デービスから空振りを奪った2球の軌道に注目

 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手は27日(日本時間28日)、敵地メッツ戦に先発し、8回1失点7奪三振の快投で5勝目(6敗)を挙げた。ファストボールと多彩な変化球で奪三振ショーを展開したダルビッシュ。米名物セレブは、93マイル(約150キロ)のファストボールと、83マイルのナックルカーブ(約134キロ)の軌道を重ね合わせた動画を投稿し、話題を呼んでいる。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 圧倒的な投球で、8月のラスト登板を白星で飾ったダルビッシュ。特に注目を集めているのが、3点リードの6回2死一塁の場面でデービスを空振り三振に仕留めた83マイルのナックルカーブだ。

 山なりの軌道からワンバウンドするほど大きく沈む。デービスのバットは空を切り、日米通算2500奪三振を達成。またこの前に空振りを奪っていた93マイルのファストボールとの緩急差も大きかった。

 この投球に注目しているのが、本職は弁護士だが、SNS上では「ピッチング・ニンジャ」として投手を様々な形で分析し、現役メジャーリーガーや米メディアからもフォローされる名物セレブ、ロブ・フリードマン氏だ。

「93マイルのファストボールと83マイルの変化球」とつづり、自身の公式ツイッターでこの2球を合成した動画を投稿。軌道の違いがはっきりとわかるものだが、このツイートに対し、ダルビッシュも返信する形で「ナックルカーブ」とコメントしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集