[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

地球の裏で超絶ゴラッソ 美しき“18m級バイシクル弾”炸裂に海外騒然「伝説的だ」

海外サッカーでペナルティエリアぎりぎりからオーバーヘッドを決めるスーパープレーが発生。超絶ゴラッソの瞬間を米メディアが動画付きで公開し、「これはえげつない」「伝説的だ」「なんてこった、これは美しい」とファンを騒然とさせている。

ジョルジアン・デ・アラスカエタ【写真:Getty Images】
ジョルジアン・デ・アラスカエタ【写真:Getty Images】

ウルグアイ代表MFアラスカエタが衝撃弾で話題「これはえげつない」

 海外サッカーでペナルティエリアぎりぎりからオーバーヘッドを決めるスーパープレーが発生。超絶ゴラッソの瞬間を米メディアが動画付きで公開し、「これはえげつない」「伝説的だ」「なんてこった、これは美しい」とファンを騒然とさせている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 こんな距離から……。観る者の度肝を抜く、最高級のバイシクル弾を決めたのはブラジル1部フラメンゴのウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエタだ。25日のセアラー戦、2-0とリードして迎えた後半アディショナルタイム7分、フラメンゴは右サイドを深くえぐり、ふわりとしたクロスを供給。これにエリア中央で反応したのがアラスカエタだった。

 ボールは構えていたペナルティスポットよりマイナス方向へ。ゴールに背を向けながら2、3歩下がる。いったん、トラップか。そう思った次の瞬間だ。タイミングを合わせて跳び上がった背番号14は足を振り上げ、オーバーヘッドで右足を一閃。強烈な一撃は飛びついたGKも触れない絶妙なゴールに吸い込まれた。衝撃のバイシクル弾にスタジアムは騒然だ。

 踏み切った位置は中央やや左のペナルティラインぎりぎり。対角線に突き刺したゴールまで17~18メートルはあろうか。規格外のゴラッソの瞬間を米スポーツ専門メディア「ブリーチャーリポート」公式インスタグラムは「ボックスの端からバイシクル・キック」とつづり、動画付きで公開。目の当たりにした海外ファンも唖然とした様子で声を上げている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集