[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

涙と笑顔 阿部兄妹、五輪ロードに分かれた明暗 呆然の一二三「兄として情けない」

柔道世界選手権の2日目が26日、東京・日本武道館で行われ、男子66キロ級で3連覇を狙った阿部一二三(日体大)は銅メダルに終わった。準決勝で丸山城志郎(ミキハウス)にゴールデンスコア方式の延長3分46秒で技あり(隅返し)を奪われたが、3位決定戦はイタリア選手に一本勝ち(釣腰) した。女子52キロ級では、妹・詩(日体大)が2連覇。昨年大会日本勢史上初の兄妹優勝を成し遂げたが、兄妹V2はならず明暗が分かれた。

阿部兄妹はそろってメダルを獲得した【写真:AP】
阿部兄妹はそろってメダルを獲得した【写真:AP】

一二三は腫れた右目に涙、妹が追いかけた強い兄の「意地」を見せられるか

 柔道世界選手権の2日目が26日、東京・日本武道館で行われ、男子66キロ級で3連覇を狙った阿部一二三(日体大)は銅メダルに終わった。準決勝で丸山城志郎(ミキハウス)にゴールデンスコア方式の延長3分46秒で技あり(隅返し)を奪われたが、3位決定戦はイタリア選手に一本勝ち(釣腰)した。女子52キロ級では、妹・詩(日体大)が2連覇。日本勢史上初の兄妹優勝を成し遂げた昨年大会に続く兄妹V2はならず、明暗が分かれた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 紫色に腫れ上がった目から涙がこぼれ落ちた。東京五輪の前に迎えた世界3連覇への挑戦。一二三は最大のライバル・丸山に3連敗を喫し、無念の3位決定戦に回った。最後は豪快な一本で意地を見せた。それでも胸にある思いは一つだけ。「悔しい。その一言です」。畳を降りて励ましの声援を耳にすると、こらえきれない。インタビューを受ける頃、右目の視界はほとんどなかった。胸中を問われ「自分自身……」と言った後に声を詰まらせた。

「優勝できなかった悔しさ、情けなさがある。今まで本当に3連覇するつもりでやってきたので。もっとしっかり自分らしい前に出る柔道を……ちょっと技を受けてしまった部分もあった。妹が優勝して3位。兄として残念だったな、情けないなという感じです」

 準決勝の丸山戦。負傷した右目を痛々しく腫らしながら入場した。開始18秒で組み合った際に相手が左手を負傷。自分が打った投げ技に丸山の体が浮くと、場内は歓声と悲鳴が交差した。開始1分30秒過ぎには丸山が右膝を負傷。それでも果敢に戦い続ける両者に拍手が降り注ぎ、ゴールデンスコア方式の延長に突入した。

 得意の巴投げを試みる丸山に対し、一二三も満身創痍のライバルを攻めたが、徐々に積極的な姿勢を失う。2つ目の指導を取られた。最後は隅返しによる技ありで敗北。7分36秒の激闘を終え、畳に背中をつけたまま茫然と天井を見つめた。

「最初、がんがん攻めていいペースだったけど、ちょっと受けてしまった部分がある。指導をもらってちょっと様子を見てしまった。そこがダメだったところ。巴は自分が前に出た時に引き込まれた。タイミングが合ってしまった。丸山選手が序盤でケガしたのはあまり動揺もなく、自分自身の柔道を出すだけだった」

 昨年大会を制して以降は優勝から遠ざかり、同11月のグランドスラム(GS)大阪大会と今年4月の全日本選抜体重別選手権で丸山に連敗。GSでは完璧に巴投げをくらい、最大の警戒心を持って臨んだはずだった。「いつも引き込まれるパターンで投げられていた。そういう部分もわかっていたけど、ついて行ってしまった。う~ん、どうしてだろうって」。今大会は代表2枠目に滑り込んだが、6月の代表合宿で左足首を負傷して7月中旬まで練習できず。東京五輪出場の最大の壁となる“天敵”丸山にまたも敗れる結果となった。

 右目へのアクシデントは中国選手との3回戦だった。「頭突きをくらった。そこから何回もぶつかっていたら、こんな風になった」。視界がふさがった。距離感もつかみづらいはず。だが、柔道家としての精神だけは折れない。「準決勝も何回かバーンってぶつかったりしていて、少しぼやけるのはあったけど、これが原因で負けたとかはない。自分の力の無さ、最後まで決め切るところで決め切れなかった弱さだと思う。支障はない」と潔く話した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集