[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

阿部兄妹は明暗 一二三は悔し涙、詩はV2「一番はお兄ちゃんと2人で優勝だったけど…」

柔道世界選手権の2日目が26日、東京・日本武道館で行われ、女子52キロ級は昨年覇者の阿部詩(日体大)が金メダルを獲得した。決勝はロシア選手に得意の袖釣込腰で一本勝ち。兄・一二三(日体大)は男子66キロ級で準決敗退し、3位決定戦で銅メダルを獲得。日本勢史上初の兄妹優勝を成し遂げた昨年に続き、兄妹V2を狙ったが、明暗は分かれた。

阿部詩【写真:Getty Images】
阿部詩【写真:Getty Images】

一二三は準決勝で丸山に敗れてV3逃す、試合後は悔し泣き

 柔道世界選手権の2日目が26日、東京・日本武道館で行われ、女子52キロ級は昨年覇者の阿部詩(日体大)が金メダルを獲得した。決勝はロシア選手に得意の袖釣込腰で一本勝ち。兄・一二三(日体大)は男子66キロ級で準決敗退し、3位決定戦で銅メダルを獲得。日本勢史上初の兄妹優勝を成し遂げた昨年に続き、兄妹V2を狙ったが、明暗は分かれた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 兄の一二三は準決勝で丸山城志郎(ミキハウス)にゴールデンスコア方式の延長3分46秒で技あり(隅返し)を奪われ、敗戦。この時点で兄妹V2はならず。直後に決勝に挑んだ妹の詩は一本勝ちで連覇を達成した。3位決定戦で一二三は意地の銅メダルを獲得したが、試合後のテレビインタビューでは悔し涙を流した。

 一方、詩は準決勝でリオ五輪女王のケルメンディ(コソボ)を破った試合について「何があっても絶対勝とうという気持ちで挑んだ試合。延長になってしんどかったけど、絶対勝つぞと諦めない気持ちで戦った」と振り返った上で、一二三の敗退については「一番はお兄ちゃんと2人で優勝することだったけど、そこは切り替えて、自分の試合に集中して攻めることできた」と語った。

 今後に向け、詩は「次は東京五輪しか見ていない。一番高い場所に私が立てるように頑張りたい」と誓った。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集