[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プレミアで衝撃の“危険タックル”に英波紋 元英代表MF「史上最悪のタックルだ」

海外サッカーのイングランド1部リーグで危険なタックルで一発退場となる場面が発生。これが悪質として動画がSNS上で多く投稿され、元イングランド代表の解説者は「史上最悪のタックルだ」と指摘。波紋を呼んでいる。

フロリン・アンドネの危険なタックルが波紋を呼んでいる【写真:Getty Images】
フロリン・アンドネの危険なタックルが波紋を呼んでいる【写真:Getty Images】

ブライトンFWアンドネが悪質プレーに物議「5枚のレッドカードに値する」

 海外サッカーのイングランド1部リーグで危険なタックルで一発退場となる場面が発生。これが悪質として動画がSNS上で多く投稿され、元イングランド代表の解説者は「史上最悪のタックルだ」と指摘。波紋を呼んでいる。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 まさかのプレーが起きたのは、23日(日本時間24日)のサウサンプトン―ブライトン戦だった。0-0で迎えた前半30分、ブライトンのFWフロリン・アンドネは自陣左サイドで縦パスを受けたが、トラップが大きくなり、これを相手のMFヤン・バレリーに取られそうになった。次の瞬間だ。

 明らかにボールではなく、バレリーの右脛付近にスパイクの裏を向けてタックル。そのまま崩れ落ちた相手に覆いかぶさるようにして倒れ込んだ。騒然とした空気に包まれたが、主審が止めて一発レッドを提示。アンドネは納得いかないとばかりに首を振っているが、一歩間違えば大怪我につながりかねない危険なプレーだ。

 実際のシーンを海外メディアが動画付きで続々と取り上げ、波紋を呼んでいる。英紙「サン」は「恐ろしいファウルによるアンドネのレッドカードが、サウサンプトンとのサウスコーストダービーでシーガルスの損失になった」と特集した。解説者を務める元イングランド代表MFポール・マーソン氏は「5枚のレッドカードに値する」「史上最悪のタックルだ」と話したという。

 記事では「バレリーが深刻な怪我を負わなかったのは奇跡であり、アンドネのタックルは多くの批難を受けるだろう」「アンドネは明らかに頭に血が上りやすいのだろう、両足を浮かせ、左足でヴァレリーの脛の位置を躊躇なく踏みつけた」と状況について説明しながら、厳しく指摘している。

 また、ツイッター上ではJ1名古屋でもプレーした経験を持つ元イングランド代表FWガリー・リネカー氏が「恐ろしいタックルの後、ブライトンのアンドネが退場」と投稿。英国内で反響が広がっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集