[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

投手も驚くしかない!? 右翼手の“ノールック捕球”に米反響「これは年間最優秀捕球」

米大リーグで光が視界に入り、ボールを見失った外野手がグラブを出して“ノールック捕球”に成功するという珍事が発生。MLBが動画付きで公開し、「これはキャッチオブザイヤーだ」「こんなキャッチまた見てみたい」と米ファンを驚かせている。

アスレチックスのスティーブン・ピスコッティ【写真:Getty Images】
アスレチックスのスティーブン・ピスコッティ【写真:Getty Images】

ア軍ピスコッティが珍美技、捕球直前に西日で打球を見失うも…

 米大リーグで光が視界に入り、ボールを見失った外野手がグラブを出して“ノールック捕球”に成功するという珍事が発生。MLBが動画付きで公開し、「これはキャッチオブザイヤーだ」「こんなキャッチまた見てみたい」と米ファンを驚かせている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 最後は直感で手を出した。珍しい“ノールック捕球”を決めたのは、アスレチックスの右翼手スティーブン・ピスコッティ外野手だ。24日(日本時間25日)に行われたジャイアンツ戦、初回2死走者なしで打者ポージーが放ったライナー性の打球がピスコッティのもとに飛んだ。素早く落下地点に入ろうとするピスコッティ。正面に入り、問題なく3アウトチェンジに思われた。

 しかし、捕球直前でサングラスをかけた顔を急にボールからそむけた。西日が目に入ったのだ。落球か。そう思った次の瞬間、咄嗟に左手を出すと、吸い込まれるように白球はグラブの中へ。ノールックのまま、しっかりとキャッチしてみせたのだ。思わず、どよめくスタジアム。マウンド上の投手バジットも口をあんぐりと開き、バンザイをしながらベンチに下がっていった。

 なんとも珍しい瞬間をMLB公式インスタグラムが「太陽が出てる、グラブを出してみて」とつづり、動画付きで公開すると、目の当たりにした米ファンからコメント欄で驚きの声が漏れた。

「これは凄い」
「ナイスだ」
「これはキャッチオブザイヤーだ」
「ラッキーだな」
「信じられない」
「これは運が良かった」
「こんなキャッチまた見てみたい」

 このように反響が続々。「プレーヤーズ・ウィークエンド」として全30球団が全身真っ白、真っ黒のユニホームを着用し、その出で立ちが脚光を浴びた週末だったが、なかでも際立つプレーとなっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集