[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

阿部一二三、意地の銅メダルも… V逸に悔し涙「決め切れなかった自分の弱さ。まだまだ」

柔道世界選手権の2日目が26日、東京・日本武道館で行われ、男子66キロ級で2連覇中の阿部一二三(日体大)が銅メダルに終わった。準決勝で丸山城志郎(ミキハウス)にゴールデンスコア方式の延長3分46秒で技あり(隅返し)を奪われたが、3位決定戦はイタリア選手に一本勝ち(釣腰) した。女子52キロ級では、妹・詩(日体大)が2連覇。昨年大会日本勢史上初の兄妹優勝を成し遂げたが、兄妹V2はならなかった。

阿部一二三【写真:Getty Images】
阿部一二三【写真:Getty Images】

男子66キロ級で銅メダル

 柔道世界選手権の2日目が26日、東京・日本武道館で行われ、男子66キロ級で2連覇中の阿部一二三(日体大)が銅メダルに終わった。準決勝で丸山城志郎(ミキハウス)にゴールデンスコア方式の延長3分46秒で技あり(隅返し)を奪われたが、3位決定戦はイタリア選手に一本勝ち(釣腰) した。女子52キロ級では、妹・詩(日体大)が2連覇。昨年大会日本勢史上初の兄妹優勝を成し遂げたが、兄妹V2はならなかった。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 阿部は、3決定戦で4分の残り時間が無くなると同時に技を仕掛けてビデオ判定に。技は認められず延長に入った。延長では掛けにいった技を返されて技ありを取られたかに見えた。またもビデオ判定の末に取り消され冷や汗をかいた。再開直後に組み合った相手を強引に投げて銅メダルを死守。声援を受けると、涙をこらえた。

 昨年大会を制して以降は優勝から遠ざかり、昨年11月のグランドスラム(GS)大阪大会と今年4月の全日本選抜体重別選手権で丸山に連敗。今大会は代表2枠目に滑り込んだが、6月の代表合宿で左足首を負傷して7月中旬まで練習できず。東京五輪出場の最大の壁となる“天敵”の丸山にまたも敗れる結果となった。

 銅メダル後、テレビインタビューに立った阿部は胸中を問われ、「自分自身……」と言った後に声を詰まらせて涙。「怪我も部分あり、いつも通りとはいかなかったけど、この大会に向けて万全で挑めた。1回戦から体が動いていて、自分の柔道ができていた。体は動いていると自分でも思っていたけど、準決勝は前に出るしかない、自分の柔道するしかないと臨んで、初めの方は自分のペースできていたけど、決め切れなかった自分の弱さ。まだまだだなと思う」と声を絞り出した。

 2回戦から登場し、スペイン選手に開始34秒で背負投げの一本勝ち。3回戦も中国選手にわずか41秒で袖釣込腰による一本。4回戦はイタリア選手に対し、3分27秒に大外刈りで一本を奪うと、準々決勝はモンゴル選手に技あり優勢勝ちしていた。

 男女7階級の柔道で東京五輪に出られるのは1人ずつ。今大会優勝者が11月のGS大阪を制し、強化委員会出席者の3分の2以上の賛成を集めれば東京五輪代表となる。代表が決まらなかった階級は、来年2月までの主要国際大会終了時点の実績で判断され、最終選考会は4月の全日本選抜体重別選手権となる。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集