[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

丸山城志郎、初出場で金! 満身創痍も準決で阿部一二三に3連勝 五輪代表に前進

柔道世界選手権の2日目が26日、東京・日本武道館で行われ、男子66キロ級で初出場の丸山城志郎(ミキハウス)が金メダルを獲得した。準決勝では、大会2連覇中の阿部一二三(日体大)にゴールデンスコア方式の延長3分46秒で技あり(隅返し)の優勢勝ち。決勝も韓国選手に技あり2つ、合わせて一本で勝利を収めた。

丸山城志郎【写真:Getty Images】
丸山城志郎【写真:Getty Images】

柔道世界選手権、26歳で初の世界一

 柔道世界選手権の2日目が26日、東京・日本武道館で行われ、男子66キロ級で初出場の丸山城志郎(ミキハウス)が金メダルを獲得した。準決勝では、大会2連覇中の阿部一二三(日体大)にゴールデンスコア方式の延長3分46秒で技あり(隅返し)の優勢勝ち。決勝も韓国選手に技あり2つ、合わせて一本で勝利を収めた。

【PR】「もっと早く出会っていれば良かった」― フクヒロペアも選んだスポーツブラ「CW-X」をさらに詳しく知るならこちら

 日本人対決の準決勝は激闘だった。開始わずか18秒で組み合った際に丸山が左手を負傷した。阿部が打った投げ技に丸山の体が浮くと、場内は歓声と悲鳴が交差する。開始1分30秒過ぎには丸山は右足も負傷。それでも果敢に戦い続ける両者に拍手が起き、ゴールデンスコア方式の延長に突入した。

 得意の巴投げを試みる丸山に対し、阿部も満身創痍のライバルを攻めたが、徐々に積極的な姿勢を失い、2つ目の指導を取られた。最後は丸山の隅返しによる技ありで勝利。7分36秒の激闘を制した。初戦の2回戦と3回戦をともに内股で一本勝ち、4回戦は優勢勝ち、準々決勝は内股で一本勝ちしていた。

 決勝も果敢に攻め、開始2分30秒過ぎには得意の巴投げを仕掛けた。相手の両足が浮いて場内は大歓声が沸いたが、決まらず。その後も自身の代名詞ともいえる巴投げを打ち、ファンの期待を膨らませた。最後は残り29秒で2つ目の技あり(腰車)を決めて金メダル。大声援の中で天を仰ぎ、感慨に浸った。畳を降りると、ちびっ子ファンのサインに応じ、強さと優しさの両方を見せた。

 宮崎市出身の26歳。1992年バルセロナ五輪男子65キロ級代表の父・顕志さん、兄・剛毅(パーク24)も同じく柔道家で、自身は5歳から競技を始めた。4月の全日本選抜体重別決勝で阿部を13分23秒の大熱戦の末に破って連覇。世界選手権代表に初選出された。昨年10月に妻・クルミさんと結婚。この日は妻も観戦に訪れて夫の雄姿を見守った。

 男女7階級の柔道で東京五輪に出られるのは1人ずつ。今大会優勝者が11月のGS大阪を制し、強化委員会出席者の3分の2以上の賛成を集めれば東京五輪代表となる。代表が決まらなかった階級は、来年2月までの主要国際大会終了時点の実績で判断され、最終選考会は4月の全日本選抜体重別選手権となる。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集