[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山、「ありがたくない異名」返上へ 米期待「日本の怪物はキャリア最盛期だ」

海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第2日は11日(日本時間12日)、15位タイから出た松山英樹(レクサス)が7バーディー、ノーボギーと圧巻の「64」でスコアを7つ伸ばし、通算8アンダー。ケビン・キスナー(米国)と並び、暫定首位に立った。米メディアでは今季ツアー3勝と絶好調の松山が「無冠の帝王」の異名をついに返上するのか、特集している。

全米プロ選手権、暫定首位浮上…「無冠の帝王」と決別へ「彼の母国にとって転換点となる」

 海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第2日は11日(日本時間12日)、15位タイから出た松山英樹(レクサス)が7バーディー、ノーボギーと圧巻の「64」でスコアを7つ伸ばし、通算8アンダー。ケビン・キスナー(米国)と並び、暫定首位に立った。米メディアでは今季ツアー3勝と絶好調の松山が「無冠の帝王」の異名をついに返上するのか、特集している。

 米ゴルフ専門局「ゴルフチャンネル」では今季最後のメジャー大会を特集。優勝候補3人のうち、衝撃のチャージで暫定トップタイに立った松山を筆頭に挙げている。

「マツヤマはメジャータイトルを持たない最高の選手というありがたくない異名を冠されていた。本当の意味で、タイトルへの挑戦を成し遂げたことがないため、常に“ちょっとした間”が伴うことになる。彼は今年のエリンヒルズ(全米オープン)で2位となったが、ブルックス・ケプカと4打差。そして、メジャーのトロフィーがかかった重大なショットを打つ重圧をまだ感じていない」

「無冠の帝王」の称号を返上するには、メジャータイトルがかかった場面でプレッシャーに打ち勝つことができるか、という課題を指摘している。

 圧倒的なチャージを見せる絶好調の松山には、日本人初の栄光に関する生みの苦しみ以外、死角は存在しないという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集