[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁「一番年下ですが…」 試合後に語ったNBA選手の意地「経験は先輩に負けない」

バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は12日、同38位のニュージーランド代表との強化試合(千葉ポートアリーナ)と行い、米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁がSFで先発出場。八村は出場27分9秒で3ポイント2本を含め、両軍最多の35得点、3アシスト、5リバウンドを挙げる活躍を見せ、チームは99-89で勝利を飾った。

試合後の会見に臨んだ八村塁【写真:荒川祐史】
試合後の会見に臨んだ八村塁【写真:荒川祐史】

試合後の会見一問一答「W杯に向けて、最高の出だしができた」

 バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は12日、同38位のニュージーランド代表との強化試合(千葉ポートアリーナ)と行い、米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁がSFで先発出場。八村は出場27分9秒で3ポイント2本を含め、両軍最多の35得点、3アシスト、5リバウンドを挙げる活躍を見せ、チームは99-89で勝利を飾った。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 試合後の会見では「一番年下ですが、経験は他の先輩たちに負けないと思っている」とNBA選手としての意地を見せた。主な一問一答は以下の通り。

――試合を振り返って。

「まず、久しぶりの日本の試合でこの観客の前で試合ができて嬉しかった。やっと日本代表として戦える嬉しさがあった。ボールを回していいバスケットボールができた。これからW杯に向けて、最高の出だしができた」

――今日の出来は何点?

「点数で言ったら100点ではなかったけど、いい出だしはできたし、チームの課題のリバウンドも今日は負けるところもあったけど、リバウンドが世界でも強いニュージーランドにこうやって競れたのは良かった。(100点に近い?)まあ、そうですね」

――久々の日本での試合。代表での役割は?

「チームでは一番年下ですが、経験は僕も世界で戦ってきて他の先輩たちに負けないと思っている。プレーでは先輩たちを引っ張るつもり。オフェンス、ディフェンスでもチームに活気を与えるようにしている。僕は米国にいたけど、(ドラフト時の日本のフィーバーは)凄い盛り上がりだったと聞いている。僕も嬉しいし、協会とも一丸となって盛り上げようとなっているので、僕も一緒になってやっていきたい」

――ウィザーズからコーチも来て、シュート練習をしている。今日の感触は?

「フリースローでは今日は苦労した。入らなかったけど、僕としてはあまり気にしていない。外れる時は外れるので、だからといって何かを変えるつもりはない。僕の今まで通りのやり方でやっていきたい」

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集