[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • テニス界の新怪物が「77秒の奇跡」 極限ラリーに絶賛の嵐「ポイントオブザイヤーだ」

テニス界の新怪物が「77秒の奇跡」 極限ラリーに絶賛の嵐「ポイントオブザイヤーだ」

男子テニスのグランドスラム、全米オープンの前哨戦として熱戦が繰り広げられているロジャーズ・カップで49本に及ぶ長すぎるラリーが飛び出し、話題を呼んでいる。その時間、実に77秒。どちらも譲らず、ミスをしない完璧なラリーをATP中継サイトの「テニスTV」が公式ツイッターで動画付きで紹介。「ポイント・オブ・ザ・イヤーだ」とファンから大拍手が巻き起こっている。

20歳ズベレフが相手マッチポイントから49本のラリーを制してミラクル大逆転勝ち

 男子テニスのグランドスラム、全米オープンの前哨戦として熱戦が繰り広げられているロジャーズ・カップで49本に及ぶ長すぎるラリーが飛び出し、話題を呼んでいる。その時間、実に77秒。どちらも譲らず、ミスをしない完璧なラリーをATP中継サイトの「テニスTV」が公式ツイッターで動画付きで紹介。「ポイント・オブ・ザ・イヤーだ」とファンから大拍手が巻き起こっている。

 いったい、いつまで続くのだろうか。観客したファンも首が疲れそうなラリーが展開されたのは、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)―リシャール・ガスケ(フランス)の2回戦だ。

 1-1で迎えた最終セット。ズベレフがゲームカウント5-6でリードされ、しかもガスケにマッチポイントを握られた絶体絶命の場面だった。

 ズベレフのサービスから始まったラリーは、ズベレフが強烈なフォアとバックハンドを繰り出し、ガスケがレシーブし続ける展開に。ズベレフは左右に揺さぶりながらミスを待つが、歴戦の名手ガスケも正確に打ち返す。そんなラリーが10本、20本……と続いていく。次第にガスケも強烈なフォアを繰り出して仕掛けるが、ズベレフも応戦。30本を超えると観客もざわつき始めた。

 それでも、実力者2人による美しきラリーは終わらず、40本に突入。展開が動いたのは、47本目だった。ズベレフが右サイドへ強烈なフォアを放った。これをガスケは体勢を崩しながらなんとか48本目を返したが、これを見たズベレフは今度は左サイドへフォアを見舞った。ガスケはこれに追いつけず、ついに49本目で長すぎるラリーは終わりの時を迎えた。

 客席から大歓声が沸き起こり、ズベレフは両手を広げ、もっと盛り上がってくれと言わんばかりにファンを煽った。一方、ガスケは額に汗をにじませながら膝に手を突き、疲労感をにじませた。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー