[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

波乱の全英序盤、信念を失いかけた天才を目覚めさせた名パートナーの言葉とは?

20日に開幕した海外男子ゴルフのメジャー第3戦、全英オープン。世界ランキング4位のロリー・マキロイ(英国)は、初日を1オーバーの59位タイで終えた。最初の6ホールで5オーバーと窮地に立たされた天才ゴルファーを救ったのは、長年連れ添った名パートナーの激しい叱咤激励だった。英紙「デイリー・メール」が報じている。

メジャー通算4勝を誇るマキロイ、最初の6ホールで5オーバーの窮地に…

 20日に開幕した海外男子ゴルフのメジャー第3戦、全英オープン。世界ランキング4位のロリー・マキロイ(英国)は、初日を1オーバーの59位タイで終えた。最初の6ホールで5オーバーと窮地に立たされた天才ゴルファーを救ったのは、長年連れ添った名パートナーの激しい叱咤激励だった。英紙「デイリー・メール」が報じている。

 難関のロイヤルバークデールで、マキロイは自信喪失寸前だった。立ち上がりにパットやショットが定まらず、3番から4連続ボギーを叩くなど最初の6ホールでスコアはよもやの5オーバーだった。

「なんてことだ、またやってしまった、と考えていたんだ。最近の2大会(アイリッシュ・オープン、スコティッシュ・オープン)で予選落ちしていたから、いつもの信念を失っていたんだ」

 マキロイは記事で、スタートダッシュ失敗の原因について語っている。

 だが、メジャー通算4勝を誇るマキロイの苦境を見かねたのは、長年連れ添ったキャディーのJ.P.フィッツジェラルド氏だった。

「君はロリー・マキロイだろう。いったい、なんてザマなんだい?」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集