[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 東京五輪で躍進も? 日本に新星誕生の予感 ブレイクの香り漂う「2人の原石」

東京五輪で躍進も? 日本に新星誕生の予感 ブレイクの香り漂う「2人の原石」

水泳の世界選手権(ブダペスト)は23日から競泳が開幕する。7個のメダルを獲得したリオデジャネイロ五輪から1年、初出場7人とフレッシュな顔ぶれとなった今大会。世界の大舞台で、日本競泳界に新星は誕生するのか。元日本代表の伊藤華英氏に「ブレイクの原石」を挙げてもらった。

【短期連載第2回】元五輪代表・伊藤華英さんが挙げた17歳と21歳の女子スイマー

 水泳の世界選手権(ブダペスト)は23日から競泳が開幕する。7個のメダルを獲得したリオデジャネイロ五輪から1年、初出場7人とフレッシュな顔ぶれとなった今大会。世界の大舞台で、日本競泳界に新星は誕生するのか。元日本代表の伊藤華英氏に「ブレイクの原石」を挙げてもらった。

 伊藤氏は01年の福岡大会で初めて代表入り。世界選手権が出発点となり、08年北京五輪で背泳ぎ100メートル8位入賞まで飛躍を遂げた。かつての自身と同じように、今大会をきっかけにブレイクする逸材は誰か。

 名前が挙がったのは、2人の女子スイマーだ。

「大橋悠依選手と長谷川涼香選手です。大橋選手は今年、代表デビューした21歳。北島康介選手などを育てた平井伯昌先生が指導を受けてきて、萩野選手とも一緒に練習していて、いい環境にいる。長谷川選手はリオ五輪に出場して、星奈津美選手のメダルを見ている。その星選手が引退したことで『自分がやらなきゃ』という気持ちが強い。そういう責任感が出てきたのは素晴らしいと思います」

 173センチと恵まれた体格を誇る21歳の大橋は200メートルと400メートルの個人メドレーにエントリー。一方、長谷川は17歳と若く、200メートルバタフライに出場を予定している。

 特に、大橋についてはメダルの可能性もあり、今大会次第では東京五輪での躍進も見えてくるという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー