[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウン、20秒35で2冠達成! 100mとの2度目2冠は40年ぶり3人目快挙

世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は30日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル決勝が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が20秒35(向かい風1.3メートル)で100メートルに続く2冠を達成した。

100メートルに続く2冠を達成したサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】
100メートルに続く2冠を達成したサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】

200メートル決勝、小池が2位、桐生が3位

 世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は30日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル決勝が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が20秒35(向かい風1.3メートル)で100メートルに続く2冠を達成した。100メートル2位の雪辱を目指した桐生祥秀(日本生命)は20秒54で3位、予選トップ通過の小池祐貴(住友電工)は20秒48で2位となった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 サニブラウンは2年ぶりの出場で両種目とも出場2大会連続V。日本選手権で100メートルと200メートルの2冠を2度達成するのは、1947、49年の生駒一太、77、79年の豊田敏夫以来40年ぶり3人目の快挙となった。

 28日の100メートル決勝では、2位の桐生に0秒14の大差をつける大会新記録10秒02をマーク。29日の200メートル予選は、ゴール直前で歩くほど余裕を見せて20秒84、全体2位で決勝に駒を進めていた。すでに世界選手権の代表入りを決めていた100メートルに続き、200メートルでも世陸切符を内定させた。前回17年の世陸200メートルでは、史上最年少18歳5か月で決勝に進出し、7位入賞を果たした。

 昨年9月7日以降に参加標準記録20秒40を切っている選手が優勝すれば、世陸代表に内定。代表枠は3人で、参加標準記録を突破し、今年9月16日時点での記録と順位を得点化した世界ランク順などで代表入りもできる。世陸で表彰台に立った日本人の最上位選手は東京五輪の出場権を得る。

 レース後、サニブラウンは「疲労もあったなか良く走れたかなと。いつも200は天気が悪いので慣れっこかなと。世界選手権まで2か月以上あるので、もっと早くなって帰って来られるようにしたい」と振り返った。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集