[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に心酔? 259秒KO前座だった英22歳選手が虜「彼はワールドクラスよりも上」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝進出を決めたWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。5月に英グラスゴーで行われた準決勝はIBFの無敗王者だったエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒で倒したが、この試合の前座に登場していた英国の若きホープは「彼は特別なファイター。唯一無二なんだ」と敬意を示している。英地元メディア「キャピタル・シティ・プレス」が報じている。

WBSSバンタム級決勝進出を決めた井上尚弥【写真:Getty Images】
WBSSバンタム級決勝進出を決めた井上尚弥【写真:Getty Images】

ロドリゲス戦の前座試合で勝っていたマクレガー「彼は特別なファイター。唯一無二」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝進出を決めたWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。5月に英グラスゴーで行われた準決勝はIBFの無敗王者だったエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒で倒したが、この試合の前座に登場していた英国の若きホープは「彼は特別なファイター。唯一無二なんだ」と敬意を示している。英地元メディア「キャピタル・シティ・プレス」が報じている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 現在6戦全勝でエジンバラ出身のリー・マクレガーはバンタム級のホープ。5月18日、グラスゴー・SSEハイドロで繰り広げられたの井上の衝撃の259秒圧勝劇の前座で登場し、勝利を収めていた。

「近くで彼を見ることができてよかった。スペシャルな、スペシャルな才能で、リングサイドで見ることができたのは名誉なことだったんだ」

 記事によると、こう語ったマクレガー。井上戦のスタンド観戦を「名誉」とまで言い切るほど、虜になった様子。試合についても「本当にあっという間に試合は終わってしまった」と振り返ったという。

「彼は獰猛なパンチャーだ。気持ちを高ぶらせてくれるんだ。イノウエは他の誰とも違う階層に存在する。特別なファイターで唯一無二なんだよ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集