[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥対策はイメージ済み!? ドネア名参謀は自信「対抗するフックを考えている」

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝で、WBA・IBF王者井上尚弥(大橋)は5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と対戦する。「フィリピンの閃光」の異名を持つ世界的ビッグネームは、井上にとって過去最強の相手となる可能性もある。

井上尚弥(左)とケニー・アダムス氏【写真:Getty Images、編集部】
井上尚弥(左)とケニー・アダムス氏【写真:Getty Images、編集部】

78歳の世界的名トレーナー、井上尚弥戦へ「私の選手はいつも準備ができている」

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝で、WBA・IBF王者井上尚弥(大橋)は5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と対戦する。「フィリピンの閃光」の異名を持つ世界的ビッグネームは、井上にとって過去最強の相手となる可能性もある。ドネアのメイントレーナーを務め、来日中のケニー・アダムス氏が13日に都内で取材に応じ、“フック”がカギとなることをにおわせた。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 18戦全勝(16KO)で飛ぶ鳥を落とす勢いの井上に対し、ドネア陣営は不敵に笑っている。アダムス氏は前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)の練習をサポートするために来日中。都内の帝拳ジムで村田についての取材を終えると、ドネアのコンディションへの質問にも平然と答えた。

「私の選手はいつも準備ができているよ」

 過去28人の世界王者を指導してきた78歳の名伯楽。1984年ロサンゼルス五輪で米国代表コーチ、88年ソウル五輪では同代表監督を歴任した。同氏が指導するドネアのキラーブローと言えば、“閃光”の異名の由来となった左フック。数々の敵を葬ってきた最大の武器にプライドを持っているようだ。

「イノウエは左フックが強いから、それに対抗するフックを考えている」

 井上は5月のWBSS準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲスに対し、2回に強力な左フックでダウンを奪った。ペースを掌握すると、直後に2度立て続けに倒して勝負あり。世界に衝撃を与え、強さを印象付けた。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集