[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は4位をキープ 米ESPNの最新PFPランキング、敗戦ジョシュアがトップ10外に…

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会で決勝進出を果たしたWBA、IBF世界王者・井上尚弥(大橋)。米メディアは最新版のパウンド・フォー・パウンド(PFP)を発表し、自己最高の4位をキープしている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

ESPNの最新PFPランキング、井上は前回に続いて4位

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会で決勝進出を果たしたWBA、IBF世界王者・井上尚弥(大橋)。米メディアは最新版のパウンド・フォー・パウンド(PFP)を発表し、自己最高の4位をキープしている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 米スポーツ専門局「ESPN」が「パウンド・フォー・パウンド ヘビー級から1人外れ、1人入る」と題して最新のPFPを発表した。

 井上は前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との無敗対決を制し、国際的な評価を一気に高めた。権威ある専門誌「リング」のPFPでも自己最高の4位に入っているが、米国でボクシングを数多く放送するESPNの格付けでも4位にジャンプアップ。最新版でも世界4傑の座を維持している。

 1位は「精密機械」こと世界最速の3階級制覇王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、2位はWBOウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)、3位はミドル級3団体王者カネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)と中量級以上の錚々たるスターが名を連ねる中、日本のモンスターはそれに続いている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集