[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥と激突ドネアが“3連続2R未満KO劇”に豪語「私はあんな楽勝の相手じゃない」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。決勝で対峙する5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は圧巻のKO劇を続けるモンスターに対して「彼にできることは私にもできる。自分はもっとうまくやれる」と断言。

井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】

井上戦へ王者の矜持を英メディアに明かす「彼ができることは自分もできる」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。決勝で対峙する5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は圧巻のKO劇を続けるモンスターに対して「彼にできることは私にもできる。自分はもっとうまくやれる」と断言。「私は楽勝の相手ではない。安っぽいファイターじゃないんだ」とレジェンドの矜持を示している。英ボクシング専門メディア「iFL TV」が報じている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 モンスターとバンタム級最強決定戦で対峙することになったドネア。SSEハイドロのリングサイドで井上の259秒の圧勝劇を目撃したが、ロドリゲス陣営に重大な敗因があったと分析している。

「良い試合になると予想していた。だが、私が思うにロドリゲスは正しいゲームプランを準備していなかった。彼のサイズ、リーチ、スピード、才能を生かすプランだ。だから、あんなことが起きてしまったんだ。彼はパワーに圧倒されてしまった。私なら、あれはしないよ。ハハハ」

 笑みを浮かべながら、こう語ったドネア。身長、リーチという体格面でロドリゲスは優位性を持っていたが、リング中央で真正面から打ち合う戦略を選んだ。正々堂々と挑んだ結果が、2ラウンドの3度のダウンだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集