[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 英国勢のアベックVなるか 全英で44年ぶり男女8強 マレー「素晴らしいことだ」

英国勢のアベックVなるか 全英で44年ぶり男女8強 マレー「素晴らしいことだ」

テニスのグランドスラム、ウィンブルドンは10日、男子シングルス4回戦で世界ランキング1位のアンディ・マレー(英国)はブノワ・ペア(フランス)をストレートで下し、準々決勝進出を決めた。一方、女子シングルスでも世界ランキング7位のジョアンナ・コンタ(英国)が8強入りし、イギリス勢の“男女アベック優勝”の可能性が浮上した。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。

男子はマレー、女子はコンタがダブル8強入りに母国メディアも注目

 テニスのグランドスラム、ウィンブルドンは10日、男子シングルス4回戦で世界ランキング1位のアンディ・マレー(英国)はブノワ・ペア(フランス)をストレートで下し、準々決勝進出を決めた。一方、女子シングルスでも世界ランキング7位のジョアンナ・コンタ(英国)が8強入りし、イギリス勢の“男女アベック優勝”の可能性が浮上した。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。

 マレーはペア戦、第1セットこそタイブレークにもつれ込んだものの、最後は7-1と地力を見せると、第2、第3セットともに6-4と要所で勝負強さを見せ、8強進出を決めた。

 記事によると、「今日は間違いなく、いい気分だね。トーナメントの最後の数日間を考えた時、ポジティブなものだよね」と話し、快勝で体力を温存できたことを収穫に挙げている。

「決勝進出を狙っているのはもちろんで、ここまでもいいプレーができていた。ただ、今日は一番いいボールを打てた」と語るマレーは、グランドスラムで10大会連続となる準々決勝進出を果たすなど、抜群の安定感を見せている。

 ウィンブルドン連覇も視野に入ってきた中で、自分のことのように喜んだのは女子シングルスのコンタの健闘だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー