[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥にニカラグア新鋭が挑戦状 完敗3人の戦略ミス指摘「真正面打ち合いは間違い」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回TKOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。次戦の決勝で5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)と対峙するが、WBA同級世界5位のニカラグアの新鋭が「ナオヤ・イノウエと戦いたい」と挑戦状。

エマヌエル・ロドリゲスを2回TKOで下した井上尚弥【写真:Getty Images】
エマヌエル・ロドリゲスを2回TKOで下した井上尚弥【写真:Getty Images】

WBA同級5位の21歳ロペスが挑戦状「私はナオヤ・イノウエと戦いたい」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回TKOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。次戦の決勝で5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)と対峙するが、WBA同級世界5位のニカラグアの新鋭が「ナオヤ・イノウエと戦いたい」と挑戦状。モンスター相手にKO負けで沈んだ世界王者3人について“戦略ミス”と持論を展開している。ニカラグア地元紙「ヌエボ・ディアリオ」が報じている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手(GROWINGへ)

「現実的にならなければいけない。自分には改善点がある。でも、私はナオヤ・イノウエと戦いたい」――。記事によると、こう語ったのはWBA同級世界5位のメルビン・ロペス(ニカラグア)だった。21歳の新鋭はバンタム級最強の呼び声高い日本のスーパースターに挑戦状を送っている。

 バンタム級転級以降、井上のモンスターぶりは増している。昨年5月のジェイミー・マクドネル(英国)とのWBA世界タイトルマッチは1回1分52秒でTKO勝ち。同10月のWBSS初戦はフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に1回70秒でKO勝ち。そして、無敗王者ロドリゲスも259秒でTKO勝ちを収めた。

 現在、米マイアミを本拠地とするロペスは世界王者3人のモンスター攻略法に問題があったと指摘している。「彼と対戦し、激しく衝突したのが問題だ。イノウエの強打は凄まじい。真正面から打ち合う戦略は間違っている」と21歳は語ったという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集