[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は最強の“矛”、ロマチェンコは堅牢な“盾”― データが裏付ける魅力とは

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒TKOで下した。海外メディアではパウンド・フォー・パウンド(PFP)での井上最強説も浮上する中、米ボクシングデータ専門メディア「CompuBox」では統計における現時点の世界トップ3を発表。井上はWBOウェルター級世界王者テレンス・クロフォード(米国)を凌ぎ、2位に選出されている。

高い攻撃力がデータでも証明された井上尚弥【写真:Getty Images】
高い攻撃力がデータでも証明された井上尚弥【写真:Getty Images】

米メディアがロマチェンコ、クロフォードと並べてデータを比較

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒TKOで下した。海外メディアではパウンド・フォー・パウンド(PFP)での井上最強説も浮上する中、米ボクシングデータ専門メディア「CompuBox」では統計における現時点の世界トップ3を発表。井上はWBOウェルター級世界王者テレンス・クロフォード(米国)を凌ぎ、2位に選出されている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 数字は嘘を付かない――。リング誌のPFPではキャリア最高の4位にジャンプアップした井上。米テレビ局「ESPN」「FOX」「Showtime」というメガケーブルから、WBSSにもデータを供出している同メディアは、米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」で特集を展開している。

「CompuBoxではWBA、WBOライト級王者のワシル・ロマチェンコ、WBOウェルター級王者テレンス・クロフォード、WBA、IBFバンタム級王者ナオヤ・イノウエのビッグ3を精査する」

 精密機械の異名で知られるロマチェンコ、スーパーライト級時代に史上3人目の4団体統一王者となったクロフォード、そして、日本が誇る“モンスター”を「ビッグ3」と定義。10項目のデータで3人の世界王者を比較している。

 攻撃面では井上のデータが際立っている。まず1ラウンド平均のパンチの着弾数は井上が25発で断然トップ。ロマチェンコが21.9発で2位、クロフォードが16.7発で3位。平均16.8発を遥かに上回っている。

 放ったパンチの数も井上が1ラウンド平均69.8発でトップ。同データ平均は55.7発となる中、ロマチェンコが62.3発で2位、クロフォードは47.5発となっている。

 着弾率は井上が35.8%、ロマチェンコとクロフォードが35.2%で並んでいる。

 一方、ジャブの着弾回数は1ラウンド平均で井上が9.4発、ロマチェンコが7.6発、クロフォードは6発で井上がトップ。同社平均は4.7発で、井上は平均の2倍ものジャブを着弾させていることになる。

 強打の着弾数も井上がトップ。1ラウンド平均15.6発で、ロマチェンコは14.3発、クロフォードは10.6発。同データ平均は12.1発だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集