[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥をPFP4位選出のリング誌、白熱議論の舞台裏「もっと上位であるべきだが…」

さらに上に入るためには対戦相手の実績も必要に

 アブラモヴィッツ氏は井上を推す理由をこう力説。「彼は2階級でNo.1ファイターをノックアウトしている。そして、優秀なタイトルホルダーを破壊したばかりだ」と説明し、ジェイミー・マクドネル(英国)、フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)、ロドリゲスという難敵をあっという間にマットに沈めた強さを強調している。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 PFP上位に名を連ねるのは世界屈指のスーパースター揃い。トップ3へ、入るために井上が必要なものは何か。リング誌編集担当のトム・グレイ氏は「確かに、パフォーマンスのレベルを基準に、私はイノウエの1位について検討した。誰もあんな風に相手を打ち負かすことはできない。ロドリゲスは本当に優秀な名手なんだ」と語っている。

 一方で「ロマとクロフォードは対戦相手において彼(井上)を凌いでいる。カネロはパッキャオを除いてボクシング界最高の履歴書を持っている。彼が前回GGGを倒した時には、彼の動きは際立っていた。自分はモンスターを4位にしたんだ」ともしている。

 キャリア18戦全勝の井上。スーパーフライ級では他団体王者もタレント揃いとされながらも対戦を敬遠され、悲願の統一戦が実現しない経緯もあった。

 ロマチェンコ、クロフォード、カネロと井上の差は“履歴書”。つまり対戦相手の実績だとグレイ氏は示している。WBSS決勝では5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)と戦う。“フィリピンの閃光”を倒した上で、WBSS王者というタイトルを手にした際、モンスターの履歴書には輝ける1ページが加わることになる。

 世界3傑、そして世界一へ。アジアが誇る先輩レジェンドを破った先には、前人未到の領域が待っているということだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集