[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のKOを英記者陣はどう見た? 敵の戦略ミス指摘「結末は1つしかなかった」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。決勝で5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との対戦が決まった。権威ある米専門誌「リング」選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版はキャリア最高となる4位に駆け上がったモンスターについて、英専門誌もロドリゲス戦のKO劇を「またしても破壊的な傑作」と高く評価。識者が絶賛している。

WBSSバンタム級決勝進出を決めた井上尚弥(左)【写真:Getty Images】
WBSSバンタム級決勝進出を決めた井上尚弥(左)【写真:Getty Images】

英専門誌が回顧「またしても見せた破壊的な傑作をどう評価するか」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。決勝で5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との対戦が決まった。権威ある米専門誌「リング」選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版はキャリア最高となる4位に駆け上がったモンスターについて、英専門誌もロドリゲス戦のKO劇を「またしても破壊的な傑作」と高く評価。識者が絶賛している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手インタビュー(GROWINGへ)

 英専門メディア「ボクシング・マンスリー」は同日に行われたスーパーライト級を含めたWBSS準決勝を振り返る同誌記者8人の座談会を掲載し、井上戦を回顧。「イノウエについて、何が言える? またしても見せた破壊的な傑作についていかに評価するのか?」という問いに対し、それぞれ分析。満場一致で高い評価を与えている。

 トム・クレイズ記者は「桁外れのファイターが桁外れな試合を見せてくれたということ」と指摘。一方で、打ち合いに出たロドリゲス陣営について「ロドリゲスがリング中央でイノウエと対峙したことは驚きでもあり、作戦失敗だった。プエルトリコ人が打ち合いに十分な自信を持った瞬間、結末は1つしかなかった」と戦略ミスと分析した。

 リー・ゴームリー記者は「我々はすでにイノウエがいかに品格溢れているか理解しているが、この勝利はまたしてもエリートレベルの相手を破壊するという、卓越したパフォーマンスだった。彼は何週間も観戦を心待ちにさせながら、あんな形で試合を終わらせてしまう。そして、もっと観たいという気持ちにさせるんだ」と持論を展開した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集