[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、突き飛ばし騒動から痛快KO劇 海外ファンも喝采「モンスターに挑発ダメ」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。渡英後の公開練習ではロドリゲス陣営の練習を視察した父・真吾トレーナーが突き飛ばされる騒動が起きたが、試合では井上が圧勝を演じた。米メディアは一連の模様をまとめた動画を公開し、痛快KO劇をクローズアップしていたが、海外ファンも「これは残酷だ」「モンスターを挑発してはいけない」と喝采を送っている。

WBSSバンタム級決勝進出を決めた井上尚弥【写真:Getty Images】
WBSSバンタム級決勝進出を決めた井上尚弥【写真:Getty Images】

公開練習の騒動から逆襲KO劇、米メディア投稿に反響「これは残酷だ」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。渡英後の公開練習ではロドリゲス陣営の練習を視察した父・真吾トレーナーが突き飛ばされる騒動が起きたが、試合では井上が圧勝を演じた。米メディアは一連の模様をまとめた動画を公開し、痛快KO劇をクローズアップしていたが、海外ファンも「これは残酷だ」「モンスターを挑発してはいけない」と喝采を送っている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 海外ファンも胸のすく痛快KO劇だった。きっかけは、スポーツチャンネル「DAZN USA」が公式ツイッターに公開した1本の動画だった。ロドリゲスの公開練習を視察した真吾氏。リング上でシャドーボクシングするロドリゲスを撮影していると、トレーナーのウィリアム・クルーズ氏が歩み寄った。そして、真吾氏を左手で突き飛ばし、撮影を止めさせようとした。

 突然の出来事に真吾氏はもちろん、周囲の関係者も驚いた表情。一触即発の事態は大会公式サイトも報じ、海外で波紋を呼んだが、勝負のリング上で逆にぶっ飛ばしたのは、井上の方だ。怒りをぶつけるように2回に左で鮮烈な初ダウンを奪うと、2度目のダウンではロドリゲスが鮮血を流し、呆然とした表情で首を振る。そして、3度目のダウンで試合を決した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集