[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の強さは地球超え!? WBSS主催者断言「宇宙一のPFPだ、一切疑う余地なし」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒で下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。大会プロモーターのザワーランド兄弟は、圧巻のKO劇で決勝進出を決めたモンスターについて「ボクシング界、そして、宇宙一のパウンド・フォー・パウンドで疑念の余地はなし」と大絶賛している。

圧巻のKO劇で決勝進出を決めた井上尚弥【写真:Getty Images】
圧巻のKO劇で決勝進出を決めた井上尚弥【写真:Getty Images】

共同主催者のザワーランド兄弟が大絶賛「イノウエはボクシング界、そして…」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒で下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。大会プロモーターのザワーランド兄弟は、圧巻のKO劇で決勝進出を決めたモンスターについて「ボクシング界、そして、宇宙一のパウンド・フォー・パウンドで疑念の余地はなし」と大絶賛している。

【PR】コパ・アメリカは「DAZN」独占配信! いまなら2か月無料キャンペーン実施中!

 事実上の決勝と呼ばれたグラスゴー決戦で、無敗王者ロドリゲス相手に259秒の衝撃を残した井上。大会プロモーターを務めるカレ氏とニッセ氏のザワーランド兄弟は自身のツイッターで井上の強さを手放しで称賛している。

「ナオヤ・イノウエは現在のボクシング界、そして、宇宙のP4Pでナンバーワンであることに、一切の疑念の余地なし」

 投稿には井上が右腕を突き出し、ロドリゲスがマットに両手と両膝を突く、2回で2度目のダウンを奪った瞬間の写真を添付。鮮やかなコントラストを印象付け、WBSSが公開した“明と暗”の無慈悲なシーンとともに称えた。

 昨年10月の初戦で元WBA世界スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を70秒KOした後、カレ氏は「惑星一のパンチャー」と絶賛。無敗王者だった全盛期のロドリゲス相手の圧勝劇で今回は「PFP最強」と絶賛し、宇宙でも敵なしと表現した。

(THE ANSWER編集部)

今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集