[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、認定ベルトかけた米リング誌も大絶賛「モンスター以上の大物などいない」

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に2回1分19秒TKO勝ち。新たにIBF王座を獲得し、2団体王者となった。この日の勝利でボクシング界最高の権威を持つ米誌「リング」認定のバンタム級王者に輝いたモンスターについて、同誌は「モンスター以上の大物などいない」と脱帽している。

TKO勝ちを飾った井上尚弥【写真:Getty Images】
TKO勝ちを飾った井上尚弥【写真:Getty Images】

衝撃KOでバンタム級に“敵なし”認定「誰がこの男を止めるというのか」

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に2回1分19秒TKO勝ち。新たにIBF王座を獲得し、2団体王者となった。この日の勝利でボクシング界最高の権威を持つ米誌「リング」認定のバンタム級王者に輝いたモンスターについて、同誌は「モンスター以上の大物などいない」と脱帽している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 無敗王者同士の激突。そして、事実上のWBSSバンタム級大会の決勝に「ボクシングの聖書」と呼ばれるリング誌も動いた。空座となっていた同誌認定のバンタム級王者のベルトをこの一戦にかけていた。

「モンスター以上の大物などいない、そうだろう? エマヌエル・ロドリゲスに聞いてみるといい。日本のセンセーション、ナオヤ・モンスター・イノウエに追跡され、捕捉され、ボコボコにされ、IBFバンタム級タイトルを奪われた彼に、だ」

 井上の決勝進出とリング誌の王座獲得の特集記事では井上の恐ろしさをこうレポート。そして、2度目のダウン後のプエルトリコの猛者のリアクションに注目している。

「ディフェンディング王者はそのままダウンを望んだ。だが、勇敢に立ち上がらざるを得なかった。残酷な猛攻がロドリゲスをまたしてもキャンバスに叩き落とした。そして、レフェリーはファイトを止めた」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集