[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、強すぎる愛弟子に大橋会長も「あっぱれ」 驚き通り越し「過去最高の試合」

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回1分19秒TKOで下し、WBA王座は2度目の防衛に成功。新たにIBF王座を獲得し、2団体王者となった。強すぎる愛弟子の姿に大橋会長も驚きを通り越した様子で振り返った。

TKO勝ちを飾った井上尚弥【写真:Getty Images】
TKO勝ちを飾った井上尚弥【写真:Getty Images】

「嫌な展開」に判定勝負がよぎるも、2回の圧巻ボディーを大橋会長は絶賛

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回1分19秒TKOで下し、WBA王座は2度目の防衛に成功。新たにIBF王座を獲得し、2団体王者となった。強すぎる愛弟子の姿に大橋会長も驚きを通り越した様子で振り返った。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 戦前に「歴史に残る技術戦になる」と想定していた大橋会長。確かに1ラウンドの攻防は見所十分だった。

 アグレッシブにしかけてくるロドリゲスに対して、井上はどちらかといえば守勢に回った。被弾する場面もあった。ひりつくような緊張感のある立ち上がりだった。

「1ラウンドはロドリゲスが思った通り強くて、尚弥がプレッシャーをかけられたのは初めて見た。凄いタイミングでカウンターも打ってきた。自分が言う痺れる展開だなと。ロドリゲスは予想以上に素晴らしい。パンチも多彩でスピードもあるし、自信満々に攻めてきた。一瞬嫌な展開でしたね」

 ロドリゲスは強い。判定勝負になるかもしれないと、大橋会長は感じたという。だが、続く2回。蓋を開けてみればあっという間だった。

 特に鮮やかだったのがボディーを効かせた2度目のダウンだ。たまらず膝から崩れ落ち。首を左右に振った。立ち上がりこそしたが、完全に戦意は失っていた。

「硬さがなくなりましたね。あっぱれです。負けることはないなと思ったけど、でもあそこで2ラウンドとはね……。しかもボディーで倒してね。相手が首振ってるから。無敗のチャンピオンを首振らすってなかなかないですよ。後半ならわかるけど、前半だからね。そのシーンが1番、衝撃的でした」

 蓄積されたダメージの結果、ボディーブローで戦意を奪うことはある。だが、まだ2ラウンドだ。無敗の王者ロドリゲスにとっても、信じられないようなボディーだったに違いない。せめてもの意地で立ったが、限界だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集