[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥との激突は「運命だ」 対戦決定のドネアが称賛「彼はやるべきことやった」

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦。2回1分19秒でTKO勝ちを飾り、WBA王座は2度目の防衛に成功。

井上尚弥がエマヌエル・ロドリゲスにTKO勝ちを飾る【写真:Getty Images】
井上尚弥がエマヌエル・ロドリゲスにTKO勝ちを飾る【写真:Getty Images】

観戦したドネアがリング上で対戦待望「これが、私たちが待っていた瞬間だ」

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦。2回1分19秒でTKO勝ちを飾り、WBA王座は2度目の防衛に成功。決勝で対戦が決まった5階級制覇王者で現WBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)は「私たちが待っていた瞬間だ」と歓迎している。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 井上が衝撃の259秒KOを演じたリングにドネアが立った。「彼はここにきて、やるべきことをやった」と井上の戦いぶりを称えた上で「これが、私たちが待っていた瞬間だ。私たち2人とも、運命だと感じている」と対戦を待望したという。さらに「ボクシングの醍醐味は、ベストがベストと戦うこと」とも語ったといい、最強決戦を待ち望んでいるようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集