[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、259秒衝撃KOに早朝のネット騒然「強すぎて呆れる」「興奮で寝られない」

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦。2回1分19秒でTKO勝ちを飾り、WBA王座は2度目の防衛に成功。

TKO勝ちを飾った井上尚弥【写真:Getty Images】
TKO勝ちを飾った井上尚弥【写真:Getty Images】

午前5時20分決着の一戦に日本のファンも大興奮「強いってレベルじゃない」

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦。2回1分19秒でTKO勝ちを飾り、WBA王座は2度目の防衛に成功。日本時間午前5時過ぎに走った衝撃KOに対し、早朝からネットも大いに沸き立っている。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 決着の瞬間は日本時間午前5時20分だった。2度のダウンを奪っていた井上は猛烈なラッシュを浴びせ、3度目のダウン。ロドリゲスは顔面蒼白で膝を突き、戦意喪失した。グラスゴーで放たれた衝撃は遠く日本で声援を送っていたファンを大興奮に巻き込んだ。ネット上は試合まで起きていた人、早起きして観戦した人、さまざまだったが、共通していたのは井上に対する驚きだ。

 ツイッター上には「異次元すぎません?」「左であの破壊力まじ?」「モンスター強すぎる!」「シンプルに強すぎでしょ」「パンチの音がエグすぎる」「強いってレベルじゃない」「試合観て寝れなくなった」「井上強すぎて呆れる」「やっぱバケモノやわ」「興奮してもう寝られない」などの声があふれ返り、瞬く間に「井上尚弥」がトレンド入り。日本中を沸かせていた。

(THE ANSWER編集部)

FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集