[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子プロ野球、美女右腕の“超遅球”が米で話題「えげつなさすぎる」「冗談だろ?」

日本女子プロ野球リーグの埼玉アストライア・磯崎由加里投手が投じた1球が海を越え、本場米国で注目を浴びている。“ナイアガラカーブ”と称される、山なりの超遅球を米スポーツサイトが動画で公開。「えげつなさすぎるイーファスピッチ」と題して脚光を浴びせている。

日本女子プロ野球リーグでの1球が本場米国で注目を浴びている【写真:Getty Images】
日本女子プロ野球リーグでの1球が本場米国で注目を浴びている【写真:Getty Images】

埼玉アストライア・磯崎の“ナイアガラカーブ”が海を越えて注目浴びる

 日本女子プロ野球リーグの埼玉アストライア・磯崎由加里投手が投じた1球が海を越え、本場米国で注目を浴びている。“ナイアガラカーブ”と称される、山なりの超遅球を米スポーツサイトが動画で公開。「えげつなさすぎるイーファスピッチ」と題して脚光を浴びせている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 この1球が本場米国の野球ファンの度肝を抜いている。

 5日に行われた埼玉と愛知の一戦。この試合で完投した磯崎は5回に超遅球で驚かせた。カウント1ボール2ストライクと追い込むと、投じたのは超スローカーブ。大きく弧を描いた山なりのボールはストライクゾーンに。意表を突かれたのか、バッターは手が出ない。見事に三振に打ち取ったのだ。

 昨年の「美女9総選挙」で4位に入った磯崎の超スローボールを同リーグの公式ツイッターが動画付きで公開。解説を務める元近鉄の右腕・太田幸司氏(日本女子プロ野球機構スーパーバイザー)が「ナイアガラカーブ」と命名した1球を、米高校スポーツ専門サイト「マックス・プレップス」も公式インスタグラムで「えげつなさすぎるイーファスピッチ(超スローボール)!」のタイトルで脚光を浴びせた。

 すると米ファンも即座に反応。現地ではなかなか目にすることが少ないのだろう。困惑の声が相次いでいる。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集