[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高校生スケーター白井空良が世界王者! ブレイキンはTAISUKEが初代王者

神奈川県寒川町を舞台に開催されていたストリートスポーツの世界大会「ARK LEAGUE 2019」は29日、大会最終日を迎え、スケートボードの「SKATE ARK」とブレイキンの「BREAK ARK」の決勝が行われた。「SKATE ARK」では高校生スケーターの白井空良、「BREAK ARK」ではオーガナイザーのTAISUKEが見事、頂点を極めた。

白井空良【写真:荒川祐史】
白井空良【写真:荒川祐史】

「ARK LEAGUE 2019」最終日に日本人選手がハイレベルな戦い披露

 神奈川県寒川町を舞台に開催されていたストリートスポーツの世界大会「ARK LEAGUE 2019」は29日、大会最終日を迎え、スケートボードの「SKATE ARK」とブレイキンの「BREAK ARK」の決勝が行われた。「SKATE ARK」では高校生スケーターの白井空良、「BREAK ARK」ではオーガナイザーのTAISUKEが見事、頂点を極めた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 さむかわ中央公園にあるシンコースポーツ寒川アリーナに設置されたオリジナルコースで行われた「SKATE ARK」決勝。前日の準決勝を勝ち抜いた9選手が3名ずつ3グループ(ヒート)に分かれたが、ヒート2に組み分けされた池田大亮が負傷欠場したため、実質8選手による決勝に。スケーターは各自45秒のソロランを2度(どちらかのベストスコア)、3分間のジャムセッション、1回のベストトリックの合計点で順位を争った。手すりや階段などが配されたストリートコースを使って、ヒート1からハイレベルなパフォーマンスが次々飛び出したが、圧巻だったのは準決勝をトップ3で通過した3人が登場したヒート3だった。

 アルゼンチンからの招待選手、マティアス・デル・オリオ、ダムナムジャパンで2連覇中の高校生スケーターの白井空良、FISE広島で3位に入賞した青木勇貴斗が、ソロランではそれぞれが30点を超える高得点をマーク。ジャムセッションでも手すりやレースを使った大技を決めるなど、会場に集まった観客を大いに盛り上げた。一歩も譲らぬ接戦の末、見事優勝したのは、2020年の東京五輪出場が期待される白井。2位は青木、3位はデル・オリオとなった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集