[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“疑惑の判定”も… みまひな撃破の中国ペアをITTF称賛「中国躍進の空気保った」

卓球の世界選手権(ブダペスト)は28日、女子ダブルス決勝で伊藤美誠(スターツ)、早田ひな(日本生命)組が孫穎莎、王曼ユ組(中国)に2-4で逆転負け、銀メダルとなった。波紋を呼んだのは第5ゲームの“疑惑の判定”だ。早田のサーブを巡り、判定が揺れた実際のシーンを国際卓球連盟(ITTF)が動画付きで公開。海外ファンも疑問を呈していたが、ITTF公式サイトは逆転勝ちを演じた中国ペアについて「彼女たちは成功し、大会(中国躍進)の空気をそのままの状態に保った」と称賛している。

孫穎莎(手前)と王曼ユ【写真:AP】
孫穎莎(手前)と王曼ユ【写真:AP】

大ブーイング起きるも冷静さ保った孫、王組が逆転勝ち

 卓球の世界選手権(ブダペスト)は28日、女子ダブルス決勝で伊藤美誠(スターツ)、早田ひな(日本生命)組が孫穎莎、王曼ユ組(中国)に2-4で逆転負け、銀メダルとなった。波紋を呼んだのは第5ゲームの“疑惑の判定”だ。早田のサーブを巡り、判定が揺れた実際のシーンを国際卓球連盟(ITTF)が動画付きで公開。海外ファンも疑問を呈していたが、ITTF公式サイトは逆転勝ちを演じた中国ペアについて「彼女たちは成功し、大会(中国躍進)の空気をそのままの状態に保った」と称賛している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 このワンプレーが、流れを大きく左右した。2-2で第5ゲーム、9-9と競り合った勝負所、早田のサービスを孫穎莎がレシーブミス。伊藤、早田組のポイントになるかと思ったが、審判が「ネット」とジャッジ。ガッツポーズをしていた2人は何が起こったかわからない表情で、ネットに触れていないとアピールしたが、判定は覆らず。会場からブーイングが沸き起こった。

 結局、ここから10-12で落とすと第6ゲームも落とし、逆転負け。結果的に流れを左右するようなシーンだった。ITTF公式ツイッターは「レット? レットじゃない? この瞬間がソン・エイサとワン・マンユの決勝を変容させた?」とつづり、“疑惑の判定”の場面を動画付きで公開。日本人ファンのみならず、海外ファンも判定について疑問を呈する事態となった。

 ただ、ITTF公式サイトは騒然とした空気の中で冷静さを欠くことなく、逆転勝ちを演じた孫、王組の戦いぶりについて評価している。「孫穎莎と王曼ユが金メダル獲得:中国が完全制覇」と見出しを打って特集。「彼女たちは成功し、大会の空気をそのままの状態に保った」と中国勢が躍進する今大会の流れを絶やさず、勝ち切ったことを称えている。

 試合についても「疑う余地のない、この試合における決定的な場面は第6ゲームで起きた。9-9の場面でヒナ・ハヤタとミマ・イトウは“タイムアウト”を選択。このブレイクがソン・エイサとワン・マンユに有利に働いた」と回顧。過去に伊藤、早田組が中国人相手に強さを発揮してきたことを伝えながら、中国撃破再現を阻んだことを紹介している。

 伊藤、早田組にとっては、この悔しさを糧にリベンジの機会を待ちたい。

(THE ANSWER編集部)

FORMULA 1 モナコグランプリ 5/23(木)~5/26(日)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集