[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プイグにお返し!? 右前打直後の“謎の変顔”に米脚光「ちょっかいの誘惑抗えず」

米大リーグで右前打を放った選手が打球を処理した右翼手に“変顔”を決めるシーンが話題に。いったい、なぜなのか。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」スペイン語版が実際のシーンを公開し、熱視線を集めている。

ホセ・マルティネス【写真:Getty Images】
ホセ・マルティネス【写真:Getty Images】

マルティネスが右前打直後、一塁塁上から右翼手プイグに“変顔”を炸裂

 米大リーグで右前打を放った選手が打球を処理した右翼手に“変顔”を決めるシーンが話題に。いったい、なぜなのか。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」スペイン語版が実際のシーンを公開し、熱視線を集めている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 一塁塁上から仕返しの“変顔”を届けた。カージナルスのホセ・マルティネス外野手だ。27日(日本時間28日)に行われたレッズ戦の0-0で迎えた2回だった。鮮やかに右前打を放ったマルティネス。一塁に到達すると、打球を処理した右翼手ヤシエル・プイグに向かい、思わぬ行動を起こした。

 唇を尖らせて両手を広げ、何度も顔を左右に振る。おどけた仕草に一塁ベースコーチも思わず笑ってしまっているが、いったいなぜ。実況は現地実況の解説者は「彼は前日にヤシエル・プイグが見せた表情に反応しているんだと思います。まさに昨日、プイグがやったことです」と伝えていた。

 ユーモラスな言動で知られるプイグが前の試合でやったことをお返しとばかりにやっていたのだという。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」スペイン語版も一連のシーンを紹介している。

「ここにいる全員が知っているだろうが、シンシナティ・レッズの右翼手であるヤシエル・プイグは非常にユニークなパーソナリティを持っている」と報じた上で、プイグが13年にドジャースでデビュー以来、数々の珍言動をしてきたことを紹介。「ホセ・マルティネスはちょっかいを出したいという誘惑に抗うことができなかった」と触れている。

 普段は真剣勝負を繰り広げているが、こうした選手同士のおちゃめな言動もメジャーらしさか。なお、この日の試合はマルティネス率いるカージナルスが6-3で勝利した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集