[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ドネアと激突なら… 「問題突きつけられる」と米メディアが分析した理由

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝は27日(日本時間28日)、WBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)がWBO同級5位ステフォン・ヤング(米国)に6回KO勝ち。決勝進出を決めた。試合後のリング上では決勝でWBA正規王者の井上尚弥(大橋)との対戦を熱望したが、米メディアからは“ドネアは難敵”との見方も出ている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

決勝が井上VSドネアになれば…米メディア展望「イノウエの顎一発当てればKOも」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝は27日(日本時間28日)、WBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)がWBO同級5位ステフォン・ヤング(米国)に6回KO勝ち。決勝進出を決めた。試合後のリング上では決勝でWBA正規王者の井上尚弥(大橋)との対戦を熱望したが、米メディアからは“ドネアは難敵”との見方も出ている。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

「ノニト・ドネアがWBSS決勝でナオヤ・イノウエとの対戦希望」と特集したのは、ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」だった。「フィリピンの閃光」の異名通りの左フック一閃で、ヤングを倒したドネアはリング上で井上への愛ある挑戦状を叩きつけた。
 
「言葉で表現できない部分が私と日本には存在します。私がどれだけ日本を尊敬しているのか、どれだけ愛しているのか。そして、私とナオヤ・イノウエとの間にも言葉にできない尊敬が存在します」など、事実上の決勝と呼ばれるロドリゲス戦を迎える井上に対し、頂上決戦を呼びかけた。

 この発言を受けた特集では、井上―ドネアが実現すれば、ドネアが難敵になると分析。「ドネアのパンチ力と経験を考えると、もし彼が日本のスターの顎に一発ビッグショットを当てることができればノックアウトできるだろう」と百戦錬磨のドネアなら井上に初のKO負けを記録できる可能性があると報じている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集