[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

クロフォードに敗戦 “ローブロー直後”に棄権のカーン「俺はKOされるべきだった…」

ボクシングのWBO世界ウエルター級タイトルマッチ12回戦(米ニューヨーク)は20日(日本時間21日)、王者テレンス・クロフォード(米国)が挑戦者の同級2位アミル・カーン(英国)を6回TKOで下し、2度目の防衛を達成。終始優勢に試合を進めたが、6回にローブローが入り、休憩後にカーン陣営が棄権。カーン本人は「俺が棄権したと言いたいなら、そうすればいい」と語っている。英メディアが伝えている。

テレンス・クロフォード(右)がアミル・カーンを6回TKOで下す【写真:Getty Images】
テレンス・クロフォード(右)がアミル・カーンを6回TKOで下す【写真:Getty Images】

戦意喪失でTKO負け「俺が棄権したと言いたいなら、そうすればいい」

 ボクシングのWBO世界ウエルター級タイトルマッチ12回戦(米ニューヨーク)は20日(日本時間21日)、王者テレンス・クロフォード(米国)が挑戦者の同級2位アミル・カーン(英国)を6回TKOで下し、2度目の防衛を達成。終始優勢に試合を進めたが、6回にローブローが入り、休憩後にカーン陣営が棄権。カーン本人は「俺が棄権したと言いたいなら、そうすればいい」と語っている。英メディアが伝えている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 注目の一戦はよもやの幕切れとなった6回、クロフォードの左がローブローとなり、カーンに休憩が与えられた。しかし、カーン側はそのままギブアップ。終始劣勢を強いられていたカーンだったが、不本意な形でリングを去ることに。まさかの展開に場内はブーイングが巻き起こる事態となった。

 英紙「デイリー・メール」によると、カーンは「俺は棄権しない。俺は棄権しない」と繰り返した後で「クロフォードは偉大なファイターであり、俺が棄権したと言いたいなら、そうすればいい」と語ったという。

 さらに「ベルトの下にブローを浴び、腹部と足に違和感を感じた。俺は戦士だが、続けることができなかった。いつもなら絶対に棄権しない。俺はノックアウトされるべきだった…」とのコメントを残したという。今週末屈指のビッグマッチとあって、よもやの幕切れが反響を呼ぶことになった。

(THE ANSWER編集部)

FORMULA 1 モナコグランプリ 5/23(木)~5/26(日)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集