[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大橋悠依、瀬戸大也らが世界水泳内定…競泳日本選手権前半戦

競泳の世界選手権(7月開幕・韓国、テレビ朝日系列で中継)の代表選考を兼ねた日本選手権は2日から東京辰巳国際水泳場で熱戦を展開中だ。来年に迫る東京オリンピックへ向けても見逃せない熱い戦い。5日は大会4日目が行われた。ここまでの前半戦を振り返ってみたい。

世界水泳出場を決めた瀬戸大也(左)と大橋悠依【写真:Getty Images】
世界水泳出場を決めた瀬戸大也(左)と大橋悠依【写真:Getty Images】

前半戦4日間の各種目の優勝者は?

 競泳の世界選手権(7月開幕・韓国、テレビ朝日系列で中継)の代表選考を兼ねた日本選手権は2日から東京辰巳国際水泳場で熱戦を展開中だ。来年に迫る東京オリンピックへ向けても見逃せない熱い戦い。5日は大会4日目が行われた。ここまでの前半戦を振り返ってみたい。

【特集】オリンピックは「5回くらい出たい」 “想像の先”を歩き続ける成長物語 / 卓球 張本智和選手(GROWINGへ)

■大会初日、16歳の難波が優勝

 男子400メートル自由形で今春高校を卒業したばかりの吉田啓祐(日大)が3分47秒10で優勝を飾った。男子50メートルバタフライは井田憲吾(自衛隊)が自身の日本記録を0秒13更新する23秒27で2連覇を達成した。女子400メートル自由形は16歳の高校2年生、難波実夢(MGニッシン)が4分9秒39で優勝。同種目で6連覇中だった五十嵐千尋を見事に破って見せた。

■大会2日目、大橋が世界選手権1号

 女子200メートル個人メドレーでは大橋悠依(イトマン東進)が2分9秒27で3連覇。派遣標準記録を突破し、世界選手権代表1号を手にした。男子100メートル平泳ぎで小関也朱篤(ミキハウス)が59秒54で優勝。しかし、自身の日本記録は上回れず、派遣標準記録も突破できなかった。女子100メートルバタフライは牧野紘子(東京ドーム)が58秒39で優勝。

■大会3日目、入江は6連覇達成も…

 男子50メートル平泳ぎは小関が100メートルに続いて2冠。男子100メートル背泳ぎでは入江陵介(イトマン東進)が6連覇を達成も派遣標準は切れなかった。男子200メートル自由形は松元克央(セントラルスポーツ)が1分45秒63で連覇。世界選手権の代表に決まった。女子100メートル背泳ぎは酒井夏海(スウィン美園)が59秒98で3年ぶり2度目の優勝。女子200メートル自由形は白井璃緒(東洋大)が1分57秒16で初制覇した。

■大会4日目、瀬戸が貫録Vで代表内定

 男子200メートルバタフライは瀬戸大也(ANA)が1分54秒44で優勝。世界選手権代表に内定した。女子50メートル背泳ぎは酒井夏海(スウィン美園)が28秒18で100メートルに続き2冠。男子800メートル自由形は平井彬嗣(郵船ロジスティクス)が7分55秒85で初優勝した。

(THE ANSWER編集部)

GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集