[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

誤審PKを故意に外す― 13歳少年に広がる称賛、英BBCも拍手「正しい行いは報われる」

海外サッカーで13歳の少年のフェアプレーへの称賛が拡大している。審判のミスで獲得したPKをわざと失敗――。日本代表DF長友佑都も所属するトルコのガラタサライのU-14に所属する少年のプレーに対して、ファンからは絶賛の嵐が起きていたが、メディアもこのニュースを続々と報道。「正しい行為は報われる」「偉大なスポーツマンシップ」などと称えている。

海外サッカーで13歳の少年のフェアプレーが話題を呼んでいる【写真:photolibrary】
海外サッカーで13歳の少年のフェアプレーが話題を呼んでいる【写真:photolibrary】

長友所属のガラタサライU-14アルマズベコフの故意PK失敗に称賛が拡大

 海外サッカーで13歳の少年のフェアプレーへの称賛が拡大している。審判のミスで獲得したPKを“わざと”失敗――。日本代表DF長友佑都も所属するトルコのガラタサライのU-14に所属する少年のプレーに対して、ファンからは絶賛の嵐が起きていたが、メディアもこのニュースを続々と報道。「正しい行為は報われる」「偉大なスポーツマンシップ」などと称えている。

【特集】オリンピックは「5回くらい出たい」 “想像の先”を歩き続ける成長物語 / 卓球 張本智和選手(GROWINGへ)

 大きな称賛を呼んでいるのはガラタサライU-14でキャプテンを務めるベクナス・アルマズベコフだ。13歳の少年はイスタンブールスポル戦で、左サイドから切り込むとエリア内で転倒。相手との接触があったかどうかは微妙な状況だっが、審判はファウルとジャッジし、PKが与えられた。ここからだ。

 アルマズベコフは故意にゴール右へ大きく外したのだ。この時点でチームのリードは1点だけ。追加点が欲しい場面ではあったが、本人もPKでないことはわかっていたのだろう。13歳らしからぬ判断で、フェアプレーを優先したのだ。

 一部始終を英衛星放送局「スカイスポーツ」が公式インスタグラムで動画で公開。「ガラタサライU-14のキャプテンは、審判が誤った判定を下し、故意にPKを外す。13歳のベクナス・アルマズベコフが完璧なスポーツマンシップとフェアプレーを見せた」と拍手を送っていたが、英公共放送BBCも13歳少年に対して賛辞を並べている。

 BBCは「誤審の後、ガラタサライ選手が故意にPKを外し、称賛される」のタイトルで報じている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集