[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦4Loに加点+1は「あり得ない」 伊解説者が採点方式に持論「矛盾いけない」

フィギュアスケートの世界選手権男子はネイサン・チェン(米国)が合計323.42点の世界記録をマークし、連覇を達成。3度目の優勝を狙った羽生結弦(ANA)は2位となった。上位2人が300点を超えるハイレベル決戦となった大会について、イタリア解説者が総括。採点方式について持論を展開している。イタリアメディア「OAスポーツ」が伝えている。

銀メダルを獲得した羽生結弦【写真:AP】
銀メダルを獲得した羽生結弦【写真:AP】

ユーロスポーツ解説者「4回転の本数に比例して加点されるべきではない」

 フィギュアスケートの世界選手権男子はネイサン・チェン(米国)が合計323.42点の世界記録をマークし、連覇を達成。3度目の優勝を狙った羽生結弦(ANA)は2位となった。上位2人が300点を超えるハイレベル決戦となった大会について、イタリア解説者が総括。採点方式について持論を展開している。イタリアメディア「OAスポーツ」が伝えている。

 チェンの大会連覇で幕を閉じた世界選手権。総括したのは、ユーロスポーツ解説者マッシミリアーノ・アンベーシ氏だ。記事では、羽生についてショートプログラム(SP)のジャンプ要素抜け、フリーの着氷がやや乱れた4回転サルコーという2つのミスが勝敗を分けた鍵に挙げる一方で、演技については高く評価している。

「とにかく、ハニュウの演技は気高く重厚なものだった。彼のコンディションは良い状態ではなかった。足が4分間に耐えられるかも分からなかったのである。彼は自身の心と向き合い、プライドと闘って、フリーをほぼ完璧に成し遂げたのだ」と語ったといい、60センチ以上の高さを記録した4回転ループなどについて賛辞を並べた。

 ただ、チェンにミスが出なかったため、順位については「至極妥当」と言及。また、同氏は「私の見解では2人の構成点には差があるはずだ」と踏み込み、「ユヅルのプログラムはチェンと比べるとかなり豊かで豪華である。チェンも細やかな点を向上させてはいるが、実際の演技を見ると差が分かるだろう。フリーの点数という数字だけでは決めつけられないのだ」と指摘した。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集