[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「田舎のクラブの宿命」背負う甲府U-12が日本一、世界再挑戦「山梨に光り輝くものを」

小学生の8人制サッカー大会「ダノンネーションズカップ2019inJAPAN」は24日に駒沢オリンピック公園で最終日を行い、決勝はヴァンフォーレ甲府U-12が2-0で清水エスパルスU-12を破って3年ぶり2度目の優勝を飾った。

「ダノンネーションズカップ2019inJAPAN」で優勝したヴァンフォーレ甲府U-12【写真:平野貴也】
「ダノンネーションズカップ2019inJAPAN」で優勝したヴァンフォーレ甲府U-12【写真:平野貴也】

小学生8人制サッカー大会「ダノン杯」制覇、秋の世界大会に出場権獲得

 小学生の8人制サッカー大会「ダノンネーションズカップ2019inJAPAN」は24日に駒沢オリンピック公園で最終日を行い、決勝はヴァンフォーレ甲府U-12が2-0で清水エスパルスU-12を破って3年ぶり2度目の優勝を飾った。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 試合に出場したのは、4月から最高学年となる5年生以下。優勝チームは、今秋にスペインのバルセロナで開催予定の世界大会に出場する。中盤で攻守にわたって活躍した主将の楠彪(くすのき・ひょう)君(5年)は「予選で一度負けて厳しかったけど、みんなで頑張れて優勝できたので、とても嬉しい」と喜び、最前線でゴールとチャンスを量産して大会MVPを受賞したFW杉岡侑樹君(5年)は「世界の相手は、でかくて、速くて、強いと思うけど、パスワークと個人の力で優勝できたら良い」と海外挑戦に臨む意気込みを語った。前回は世界大会の決勝でドルトムント(ドイツ)にPK戦で敗れて準優勝。西川陽介監督も「前回は、決勝で忘れ物をして来た。世界大会でも、甲府らしく、勇敢に戦いたい」と世界一への再挑戦に意欲を示した。

 チームは、勝ち上がる中で連帯感を強め、攻防一体のスタイルが成果を挙げた。決勝では、序盤から守備が効力を発揮。奪ったボールをサイド、中央と散らして攻撃した。前半7分に杉岡君が前線で巧みなターンを仕掛けて抜け出すと、相手GKを引きつけてパス。フリーになったMF鈴木縁君(5年)が先制点を決めた。さらに1分後、再び杉岡君のパスが起点となり、こぼれ球に抜け出した鈴木君が相手GKをかわして追加点を奪った。直前の大会で思い切ったプレーができず、この大会で準決勝まで先発を外れていた鈴木君は、準決勝と決勝で得点。「自分が決めた2点で優勝に導けて嬉しい。悔しくて、この大会で見返してやろうと思っていた」とかけていた思いを明かした。清水U-12はMF井垣秀太君(5年)を中心に後半は盛り返したが、タイトな守備を見せる甲府U-12を崩し切れなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集