[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワ、237.50点で貫録の復活V! 日本勢は紀平が4位、来年の出場枠「3」は堅持

フィギュアスケートの世界選手権は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で首位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が155.42点をマーク、合計237.50点で初優勝を飾った。昨年の平昌五輪女王が貫録を見せた。女子のシニアでは史上初となる4回転ジャンプを決めたエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)が合計224.76点で2位。3位に合計223.80点のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が入った。

世界選手権初優勝を飾ったアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
世界選手権初優勝を飾ったアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

世界選手権女子フリー、ザギトワが初V

 フィギュアスケートの世界選手権は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で首位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が155.42点をマーク、合計237.50点で初優勝を飾った。昨年の平昌五輪女王が貫録を見せた。女子のシニアでは史上初となる4回転ジャンプを決めたエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)が合計224.76点で2位。3位に合計223.80点のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が入った。

【特集】オリンピックは「5回くらい出たい」 “想像の先”を歩き続ける成長物語 / 卓球 張本智和選手(GROWINGへ)

 ザギトワが女王の貫録を発揮した。完璧だったSPに続いて、フリーもダイナミックに美しく舞った。

 冒頭の2回転アクセルを決めると、続く3回転ルッツ―3回転トウループも降りた。3回転サルコー、ダブルアクセルも決めた。後半の3回転ルッツ―3回転ループのコンビネーション、さらに3連続ジャンプも着氷した。スピンもすべてレベル4を獲得。力強い4分間の演技で観る者を魅了したザギトワは、最後は感極まった表情を見せた。 

 今季は苦しんだ。グランプリ(GP)シリーズの2戦は優勝こそしたが、ミスを連発。12月のグランプリファイナルでは紀平に敗れ2位。ロシア選手権ではまさかの5位に沈んだ。1月の欧州選手権でも精彩を欠き2位。平昌五輪から7センチも身長が伸び、体型の変化が演技への影響も囁かれたが、今季最大の大舞台で強さと、美しさを取り戻した。

 日本勢はSP7位の紀平梨花(関大KFSC)は冒頭のトリプルアクセルに成功し、152.59点で合計223.49点で4位。今季の国際大会の連勝は6でストップした。

 SP2位の坂本花織(シスメックス)は合計222.83点で5位、SP8位の宮原知子(関大)は合計215.95点で6位だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集